クリエイティブ系の仕事が辛い原因は?クリエイティブ職のメリット・デメリット

クリエイティブ系の仕事が辛い原因は?クリエイティブ職のメリット・デメリット

クリエイティブな仕事に就くクリエイターは、独創性やアイディア力を求められます。

最初は好きで就職したはずなのに、いつの間にか「つらい」「転職したい」「自分に合っていない」と考えてしまっている人も多いのではないでしょうか。

今回は、クリエイティブ系の仕事が辛く感じられる原因を探るために、職種としてのメリット・デメリットを解説します。

IT業界の変化が激しい理由とは?IT業界の特徴や将来性について

↑この記事を読んだ方はこんな記事も読まれています

クリエイティブ職のメリット

まずは、クリエイティブ職のメリットを確認していきましょう。

腕一本でのし上がれる

クリエイティブ職は、学歴・社歴・経歴をあまり問われないのが特徴です。

クリエイターとして斬新かつ時代に合った提案ができるのであれば、スキル重視で高収入を得られるのです。

腕一本でのし上がれる世界でもあるため、夢が大きな職種だといえるでしょう。

クライアントや社会に認められる喜びが格別

クリエイターは、自分の制作物がクライアントや社会のユーザーに認められたとき、とても大きな喜びを得ます。

「自分にしかできない仕事」であるからこその喜びであり、何物にも替えられない体験となるでしょう。

それがクリエイティブ職へのやりがいにつながることも多く、「好きこそ物の上手なれ」で続けている人も多いのです。

 

働く場所や環境を選ばない

クリエイティブ職は、働く場所や環境を選ばずとも仕事をしやすいのがメリットです。

パソコン1台あればできる仕事も多く、コワーキングスペースや自宅で働く人も増えています。

なかには海外で働く人やフリーランスとして生計を立てる人もいますから、特に働き方が多様化している職種だといえそうです。

また、副業クリエイターが多いのも業界全体の特徴だといえるでしょう。

 

動画編集のスキルを身につければフリーランスで活躍できます。動画編集の需要は非常にたくさんあることを知ってましたか?ブログやYouTubeなど動画を入れて
作成するのが当たり前ですよね。スキルを学ぶときに考えるべきは収入UPになること、独立できること、自分のペースで働くことができることです。動画編集なら短期間で習得することができるのでおすすめです。

反対に、クリエイティブ職のデメリットを確認していきましょう

 

自分の好きなようにできるとは限らない

クリエイティブ職は、自分の独創性やアイディア力が何よりも大事な仕事と思われがちです。

しかし、クライアントからの要望やディレクションに左右される割合も大きく、想定以上に「自分の好きなようにできない」と感じるシーンが多いでしょう。

やりたいようにできなかったり、自分がいいと思っているものを受け入れてもらえなかったりするため、ストレスが溜まるかもしれません。

 

アイディア力が枯渇したら終わり

クライアントからの要望に沿って制作するとはいえ、根本的なアイディア力が枯渇したらクリエイティブ職としてやっていけません。

「考えても何も思いつかない」

「似たようなデザインばかりになってしまう」

と頭を抱えることも多く、クリエイターとしての自分に自信をなくすこともあるでしょう。

徹底して時代についていく必要がある

クリエイティブ職は、とにかく時代の最先端をいく必要があります。

トレンドやニュースにアンテナ高く過ごすことはもちろん、Photoshopやillustratorなど各種デザインソフトを駆使し、日々進化するデバイスの情報も仕入れなくてはいけません。

クリエイター歴1年でも50年でもこの仕事に就くすべての人に言えることですから、生涯勉強しつづける必要があるでしょう。

反対に、それを楽しみだと思える人にとっては非常に向いている仕事だといえそうです。

 

まとめ:クリエイティブ職は、楽しみもあれば辛さもある!

クリエイティブ職は自分の腕一本でのし上がれる夢があり、評価してもらえた時の喜びが特に強い職種です。

一方で、自分の力を試したいという理想とクライアントからのオーダーという現実の間で悩むことも多く、力量不足を感じることもあるでしょう。

やりがいのある仕事であることは確かですから、現実と折り合いをつける方法を学びながら続けていきましょう!

おすすめ記事

\FOLLOW US/