出世に興味がないのは悪いこと?出世欲と成果欲の違いとは

出世に興味がないのは悪いこと?出世欲と成果欲の違いとは

「出世に興味がない」と伝えて、驚かれたことはありませんか?

勿体ないと言われたり、チャンスをドブに捨てていると言われたり、自分のキャリアプランが本当正しいものなのか不安になってしまうこともあるでしょう。

今回は、出世欲と成果欲の違いを解説しながら、出世に興味がないことは悪いことなのか検証していきます。

出世はどうでもいい?”出世”のメリットと”出世しない”メリット

↑この記事を読んだ方はこんな記事も読まれています

出世欲とは

出世欲とは、「より高い地位や権力のある身分になりたいという欲望のこと」です。

ここでいう地位や権力は役職や職位のことであり、

「平社員から部長職に昇進したい」

「将来は世間から注目を浴びるような有名デザイナーになりたい」

という欲であることが分かります。

成果欲とは

成果欲とは、「より高いパフォーマンスを仕事で発揮して自己実現したいという欲望のこと」です。

役職や職位にこだわらず、

「自分が抱えている顧客に心から満足してもらいたい」

「誰かから必要とされるような仕事をして、人生を彩っていきたい」

という欲であることが分かります。

30代で出世コースに乗る人と外れる人の違いとは?

↑この記事を読んだ方はこんな記事も読まれています

出世欲と成果欲の違いは?

出世欲と成果欲の大きな違いは、「人からの評価にこだわるかどうか」にあります。

出世欲は、役職や職位の向上を目指すことを指します。

これらの評価基準は人と比較されることで成り立つものであり、また社長や取締役など自分より上位の役職者から任命される必要があるものです。

そのため、人よりも優れていること、人から評価されることが欠かせないのです。

一方、成果欲は自己実現を目指すことを指します。

自分が仕事を通してどんなことを叶えたいか、仕事に何を期待し、逆に何を与えたいかを考え、人からの評価だけに重きを置かず邁進するものです。

つまり、「仕事の成功」を何と捉えるかの違いであると理解するのがよいでしょう。

出世欲はないが成果欲がある人が増えている!

「最近の若い人は出世欲がない」と揶揄されることもありますが、仕事での成功を願う気持ちは今も昔も変わりません。

しかし、人からの評価に依存せず、自分なりの仕事のやりがいを見つけ、それを重んじる人が増えているのです。

出世欲よりも成果欲が強い人が増え、就職先や転職先を検討するに当たっても

「どんなミッション・ビジョン・バリューがあるのか」

「入社して働くことでどんな成長を遂げられるのか」

を重視するようになっているのです。

仕事に対する価値観が多様化する現代において、出世欲と成果欲を分けて考える必要がありそうですね。

 

動画編集のスキルを身につければフリーランスで活躍できます。動画編集の需要は非常にたくさんあることを知ってましたか?ブログやYouTubeなど動画を入れて
作成するのが当たり前ですよね。スキルを学ぶときに考えるべきは収入UPになること、独立できること、自分のペースで働くことができることです。動画編集なら短期間で習得することができるのでおすすめです。

まとめ:出世欲がなくても、キャリアプランが明確なら問題ない!

出世欲がないことは、必ずしも悪いことではありません。

その分成果欲が十分であったり、10年後20年後へのキャリアプランが明確であったりすれば、仕事での成功は得られるのです。

出世することだけにこだわらず、幅広いキャリアプランを見てみましょう。

自分なりに仕事を頑張る理由が見つかれば、自然とモチベーションも上がりそうです。

 


                            私もスキルハックスでプログラミングを学んでいます。スクールに通わずともプログラミングのスキルは十分に身につけることができます。スキルハックスなら1本のビデオが10分程度と通勤時間でもスキマ時間をうまく活用して学習できるので非常に便利です。問い合わせもLineですぐに回答してくれるので挫折しない仕組みです。スキルを身につけたあとはフリーで仕事も受けることや副業としても役立ちます。新しいスキルを身につけて新しい人生をスタートしよう!

おすすめ記事

\FOLLOW US/