出世しやすい部署とは

出世しやすい部署とは

出世に欠かせないのは、「目に見える成果」「上からも下からも好かれるコミュニケーション能力」「プレッシャーに負けないメンタルとフィジカル」だと言われています。

基本的に上記が揃っていれば出世しやすくなるとされていますが、一方で「出世しやすい部署」があるのも事実です。

今回は、出世しやすい部署を紹介しながら、その理由もピックアップしていきましょう。

 

■営業部

営業部は、特に出世しやすい部署といわれています。

その理由は、成果が目に見えやすい点にあるといえるでしょう

売上額・単価・顧客数・リピート率・顧客満足度・ノルマ達成度などを使えば部署内での比較もしやすく、優秀な人とそうでない人が一目で分かります。

また、客先に足しげく通って契約を手に入れてきた経験から、十分なコミュニケーション能力や体力も期待できます。

対外的な折衝の多い管理職に、特に向いているでしょう。

営業をしていると経営全体に関わることが少なくなりますので、営業部で仕事に携わっている間にマーケティングや中小企業診断士のような資格に挑戦して体系的な能力を磨いておきましょう!

 

■広報・宣伝部

広報・宣伝部も、出世しやすいと言われています。

マスコミやメディア関係者と接することが多く、会社の命運を賭けた大事業の成功には広報・宣伝部の尽力が欠かせません。

また、万が一トラブルが起こってバッシングされたり社会的な対応をしたりするのは、大抵の場合広報・宣伝部です。

ミスなく確実な対応ができる人が配置される傾向にありますから、花々しく見える広報・宣伝部で成果を出しながら手堅いアピールもできれば、出世が近づくでしょう。

 

■企画部

企画部も、新しい商品やサービスをゼロから生み出す重要な部署です。

会社の代名詞になるような大ヒット商品をひとつ生み出すだけでグンと出世することが多く、苦労が多いながらもリターンも多い部署だといえます。

また、営業部、広報・宣伝部・システム部など各部署と最も連携を取る部署でもありますから、自然とコミュニケーション能力が身につくのも大きいです。



たった3時間で学べるコミュニケーション能力です。コミュニケーションの能力が向上するとプレゼン力やスピーチ力まで上手くなります。ビジネスや転職の面接でも通用するコミュニケーションはしっかりと身につけたい能力だと思います。 

■人事部

人事部は、人事異動や査定をおこなう部署だからこそ、出世に近いとされています。

ひと昔前では人事部への配属は出世コースをされた時代もありました。現在はグローバルな視点で物事を考えて人事部を戦略的に率いる能力が必要となっています。

常に会社全体を見ながら最大のパフォーマンスが発揮できるよう工夫しつづける部署であり、時には社員教育やマネジメントをおこなうことも出てきます。

そのため、部下を持つことや長期的な目線で戦略を考えることに長けており、人事畑出身の経営層は必ずひとりは欲しいと言われる所以になっています。

 

■経理部

経理部は一見地味でマニュアル重視な部署に見えますが、会社全体の数字を見ることに長けているため、経営に向いている人材が多いと言われています。

膨大な資料を分析し、1円のミスなく処理し、税務や労務に関する知識を持ち、決算資料や税務資料を見るのにも慣れているとなれば、管理目線で会社を引っ張っていくことも可能です。

経理部ならではのスキルを活かせば、出世も夢ではありません。

時代が社長を決めると言われるように、トップ人事では大量の不良債権を抱える企業が再起するために任されるのは財務経理出身の社長が多くなります。


                                                                                               
30代40代で日経新聞や本を読んでいるぐらいでは基本的な情報すら危ういです。世界で通用した人物と言えば大前研一氏ではないだろうか?事実、マッキンゼー日本支社長の歴代の名前を言えますか? それぐらい大前氏のネームバリューは世界で知られています。ビジネスの最先端情報は絶対に大前氏から入手すべきなのです。私もビジネスブレークスルーで英語やファイナンスなど多くの講座を学習し非常に役立ちました。ワンランク上のビジネスマンを目指そう!

 

■まとめ:出世しやすい部署は確かにある!

出世しやすい部署は、確かに存在します。会社が管理職や経営層に求めているスキルを積みやすい部署であれば、その分出世に近づきやすくなるでしょう。

特に証券会社であれば営業部署は会社の代表として地位を確立していくでしょうし、システム会社であればエンジニア部署から出世して社長になるという業種にも左右されるのでしょう。

どの部署に携わったとしてもマーケティングなどは勉強し身につけておくことを重要だと考えています。

しかし、上記に挙げたような部署に配属されていないからといって、諦める必要はありません。

求められている以上の仕事をしていれば必ず評価してくれるひとはいますので、地道に努力していくことが肝心です。


                            組織のリーダーやリーダーを目指す人にとってコーチングは必須のスキルになっているのを理解していますか? 私の経験から、会社は人材育成ができる管理職やリーダーを重要視して評価します。多くの優秀な人材が育成できれば企業は伸びるが結論です。コーチングとは最強のマネジメントと認識

おすすめ記事

\FOLLOW US/