転職先の業界が決まらない人がやるべき事5選!

転職先の業界が決まらない人がやるべき事5選!

転職したいと考えて転職サイトや転職エージェントを覗いていると、世の中には多種多様な業界があることに気づきます。どんな業種に進むか次第で将来が変わるというわくわく感を覚えることもあれば、何が自分に合っているか分からず困ってしまうこともあるでしょう。

今回は、

「何を基準に業界選びをすればいいか分からない…」

「失敗しない転職を叶えたいが、業界選びの段階でもうつまずいてしまっている…」

というひとに向けて、業界選びをするうえでやるべきことを5つ紹介します。

 



転職を考えて悩んでいる方はまずは相談からはじめてみましょう!自分に合っていない会社で無理して過ごすことは体にも心にも負担がかかります。我慢して給料のためにだけ居続けることはありません。相談するだけで気持ちが楽になります。転職先があることがわかるだけで心に余裕がもてるのです。一人で悩まずプロの力を借りましょう!

■今と同じ業界に転職する可能性を探る

今まで同業他社とはライバル関係にありましたが、もし転職が叶えば最も自分のスキルや経験が活かせる業種です。

「絶対に今の業種は続けたくない」という確固たる理由がないのであれば、同業他社を優先して転職活動してみるのもおすすめです。

ただし、狭い業界であれば今の会社に転職先が伝わってしまう可能性もあります。

「〇〇さん、あの会社に転職したらしいよ」「前職でこんなミスをして転職してきたらしいよ」という噂話を呼ぶことも考えられますので、業界規模もみながら判断していきましょう。

■今と同じ職種で転職する可能性を探る

今の職種を気に入っているのであれば、別業界同職種の会社を探していく方法もあります。

職種が同じであればスキルを活かしやすく、今の経験が活きるシーンもあるでしょう。特に特殊な資格や経験が重視される仕事なのであれば、内定がグッと近づきます。

10年後20年後のキャリアアップを考えるうえでも賢い選択ですので、転職サイトやエージェントをつかい、職種ごとの絞り込みをかけてみましょう。

失敗しない転職先の探し方!効率的に探して転職を成功に!

↑この記事を読んだ方はこんな記事も読まれています

■扱う商材・サービスで決める

自分が興味ある商材・サービスを扱う会社に入れば、仕事へのモチベーションも自然と上がります。

自動車が好きなひとが自動車産業に、人へのサービスが好きなひとが介護・教育・小売に進む用に、自分の興味関心に沿って選んでいきましょう。

一方で、「好きなこと=仕事にできること」とは限りません。仕事として扱ううえで求められることは何なのかをよく業界分析しながら学び、「こんなはずではなかった」と後悔することのないよう、準備していきましょう。

■業界の成長度合いで決める

成長路線に乗っている業界を選ぶことで、高い給与やいい待遇を期待できます。業界が伸びていれば会社も必ず伸びるというわけではありませんが、リストラや倒産のリスクを可能な限り少なくするためにも有効な手段です。

営業職は本当にブラックなのか?業界毎の口コミと評判を集めてみた

↑こんな会社への転職は要注意!失敗しないためにも転職会社を上手に活用しよう!

 

少子高齢化社会に伴いニーズの伸びている介護業界や、技術の発展に伴い対応できる人員の不足が話題になっているIT業界など、注目株に焦点を当てて調べてみるのもおすすめです。



↑『個』の時代を生き抜くために自分自身の価値を高めておくべきです。何をやるかではなく、何ができるかをコミットメントできる人間でありたい。

■やりたかった仕事を選ぶ

新卒のときに興味があったけれど内定が得られなかった業界や、ずっとチャレンジしたいと思っていた業界に、転職のタイミングで応募するのも効果的です。

1日の多くを仕事に費やすと考えれば、本当に自分がやりたかった分野に挑戦することも大切です。特に、仕事にやりがいや充実感を求めるひとであれば、待遇や人間関係以上に仕事内容を優先して選ぶのがよいといえます。

■まとめ:入社後のことを考え、妥協せず業界を選んで転職しよう!

転職活動は、内定がゴールではありません。入社することだけでなく、入社後に活躍していることを目標に据え、キャリアプランを考えていきましょう。

これまでと同じ分野でも違う分野でも、自分のスキルを発揮できること重視で選んでいくのが最良です。

入社してから「やっぱりこの会社に入ったのは間違いだった…」と後悔しないよう、慌てすぎることなく取り組んでいきましょう。


                             エンジニアの種類を理解したらつぎは転職を相談する相手になります。実績もあり的確なアドバイスをもらえる転職会社とタッグを組むことが成功する条件です。私自身も未経験から超大手IT企業に転職をして役員まで昇り詰めました。もしあの時にヘッドハンティング会社との出会いがなければ今の私はなかったのです。誰もが最初は未経験からのスタートですから安心して相談しよう!

おすすめ記事

\FOLLOW US/