転職で給料が下がるなら決断すべきではない?給料の上がる転職について

転職で給料が下がるなら決断すべきではない?給料の上がる転職について

「転職したいけど、給料が下がるのは嫌だ…」
「給料の上がる転職がしたい…」

ひと昔前に比べ、現代は転職がしやすい時代になりました。
転職できたとしても、給料が下がることを不安に考える人は多いのではないでしょうか?

今回は、給料の上がる転職をテーマにお届けしていきます。

 



転職を考えて悩んでいる方はまずは相談からはじめてみましょう!自分に合っていない会社で無理して過ごすことは体にも心にも負担がかかります。我慢して給料のためにだけ居続けることはありません。相談するだけで気持ちが楽になります。転職先があることがわかるだけで心に余裕がもてるのです。一人で悩まずプロの力を借りましょう!

 

給料の上がる転職は可能なのか?

やりたい仕事があって転職するのはとても良いことですが、可能であるならば給料も上げたいですよね。

しかし、厚生労働省「直前の勤め先及び現在の勤め先の状況」(平成27年)によると、転職後に賃金が増加した人は全体の40.4%、減少した人は36.1%、変わらない人は22.1%となっています。

このデータだと転職後、6割の人は賃金が上がらないことが分かっています。

では、転職で給料を上げるにはどうすればよいのでしょうか?答えは「同職種異業界」もしくは「同職種同業界」へ転職することです。

この2つのどちらかを意識して転職活動すれば高確率で給料の上がる転職ができます。

経営幹部や管理職でこんな人は要注意に

経営幹部や部長クラスになると転職は非常に難しくなります。現実にはK字型といって楽に転職できる人とまったく声がかからない人が大きく分かれます。

では何が必要でしょうか?

明確なスキルは何があるか、戦略構築をする能力があるか、マネジメントを論理的に形成できるか、マーケティングやファイナンスのトータルでの知識はあるかは重要なポイントになります。

部下任せになって、ただ決定だけをやってきた管理職は市場価値は全くといってなくなります。自分自身で戦略やマネジメントを理論とビジョンで表現できなければ、エグゼクティブの転職はほぼ不可能です。

給料を上げる転職を達成するためには?

給料を上げる転職をするには「同職種異業界」もしくは「同職種同業界」へ転職すればよいと紹介しました。

この2つに共通しているのは「同職種」ということです。この章では、給料を上げる転職を達成するための具体的な方法を紹介します。

専門性を上げる

現在あなたが担当している業務の専門性を上げましょう。例えば、営業ならトーク力に磨きをかける、事務職ならVBAを自由自在に扱い生産性を上げるなど、現職でも「これができると強いよね」と感じるスキルはあると思います。

それを極めていきましょう。転職先では即戦力が求められるので、専門性があれば重宝され、給料が上がること間違いなしです。

現職で成果を上げる

現在、あなたが働いている会社で下記2点に直結する成果を上げましたか?

・会社の売上を上げる
・会社のコストを削減する

答えがNOであれば、給料が下がる転職になる可能性は高いですね。反対に、この2点に直結する成果をお持ちであれば、給料の上がる転職に繋がります。

成果を言語化して面接時にアピールしましょう。「どのくらい売上をあげたのか」「どのくらいコストを削減したのか」を数字で説明できるとなお良いです。

現職での成果の有無は面接官にとって、専門性の判断基準になるので、上記2点に直結する成果があれば、給料も上がるはずです。

現在、成果をお持ちでない方は上記2点を意識して成果を上げてから転職活動をしましょう。

給料の高い業界へ転職する

同職種に絞って、給料の高い業界に行くことはおすすめです。どんなに専門性があっても、給料の低い業界にいては報われません。

金融業、保険業、教育学習支援業などは年収が高い傾向にあります。一方で、飲食サービス業や宿泊業は年収が低いです。

もし、給料の低い業界にいる場合、職種は変えずに金融業など年収の高い業界に転職するだけで給料は上がります。

まとめ:転職で給料が下がるなら決断すべきではない?給料の上がる転職について

いかがでしたでしょうか?「同職種異業界」もしくは「同職種同業界」へ転職すれば給料を上げることは可能です。また、給料の上がる転職として具体的な方法も紹介しました。

・専門性を上げる
・現職で成果を上げる
・給料の高い業界へ転職する

転職活動時には転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントを利用すれば、転職サイトには載っていない良質な求人を紹介してくれるので、給料アップに繋がる転職が実現しやすくなります。


                             エンジニアの種類を理解したらつぎは転職を相談する相手になります。実績もあり的確なアドバイスをもらえる転職会社とタッグを組むことが成功する条件です。私自身も未経験から超大手IT企業に転職をして役員まで昇り詰めました。もしあの時にヘッドハンティング会社との出会いがなければ今の私はなかったのです。誰もが最初は未経験からのスタートですから安心して相談しよう!

 

おすすめ記事

\FOLLOW US/