営業職は本当にブラックなのか?業界毎の口コミと評判を集めてみた

この記事を訪れた方は、「営業職はブラックだ」という話を一度は耳にしているでしょう。

それとは対照的に、「営業職は花形職種だ」という話も聞くことがあります。

営業職といっても業界によって随分と働き方が異なるのですが、なるべくならブラックではない環境で働きたいですよね。

この記事では各業界におけるネット上の口コミをもとに、営業職は本当にブラックなのかということについて検証します。

 

\この記事はこんな人に読まれています/

  • 未経験から営業職への転職を考えている人
  • ブラックな営業職からホワイトな営業職への転身をしたい人
  • 営業職は本当にブラックなのか知りたい人

 

ブラックの定義を明らかにする

ブラックの定義を明らかにする

ブラックの定義は人によって異なりますが、厚生労働省は以下の3つのポイントを一般的な特徴として示しています。

 

  1. 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  2. 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  3. このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

 

つまり、過度な労働を強いたり、法令順守意識も低く、さらに不安定な雇用環境しか準備していない企業はスーパーブラック企業ということですね。

これを営業職という「職種」に置き換えると、どうなるでしょうか。

 

ブラックな営業職の定義は、「達成不可能に近いノルマを与えられ、ノルマ達成のためにはいかなる手段でも用いるよう強要される」となります。

昔ながらの体育会系の気質が抜けていない業界や、急激な成長を遂げているために社員一人当たりのノルマが高くなるスタートアップ企業が多い業界にはこうした会社が多く存在することは事実です。

加えて営業という職種は顧客の存在があって成立する職種であるため、どのような客層がターゲットになるかということもブラック度に大きく左右します。

 

ブラック営業職が多い業界ランキング

それでは早速ブラック営業職の多い業界を見てみましょう。

 

  1. テレアポ/訪問販売全般(浄水器、太陽光、リフォーム、ふとんなど)
    【理由】テレアポが激務、高齢者相手に役に立たないものを販売することの罪悪感が辛い。
  2. 先物取引
    【理由】基本激務に加え、手数料を稼ぐ手法にモラルがなさすぎる。
  3. ブライダル業界
    【理由】斜陽産業であり、営業活動の成約率が低い。
  4. パチンコ業界
    【理由】商談開始が夜スタート。トラブルや納品の立ち合いで土日返上も当たり前。
  5. 生命保険(リテール)
    【理由】競争過多に加え、ネット商品を選択するユーザーが多く営業活動の難易度が上がっている。
  6. 証券・銀行業界(リテール)
    【理由】⑤に同じ。商品は複雑化し、顧客の選択肢も増えたが販売には高い人間力が必要。
  7. 不動産業界(リテール)
    【理由】飛込み営業がきつすぎる。永遠に終わらないノルマに常に追われる。
  8. ベンチャーIT・事務機器(複合機など)業界
    【理由】コンプライアンス意識の低さと昨今のセキュリティ強化による飛込み営業の難しさ。
  9. 派遣業界
    【理由】成長業界であるが、人売りであり差別化が難しい。商談が夜開始になることもあり不規則。
  10. 自動車販売業界
    【理由】忙しいのは週末。営業時間も長く、わがままな顧客の対応に追われる。
一つの業界でも業界トップの企業と、中小零細企業とでは営業のしやすさにも雲泥の差がでます。
しかし、ブラック営業職の多い業界は、全体的に「古い体質」であり昔からの感覚でノルマを設定されることが多いです。
時代は変化しているのに、旧態依然とした営業手法を強要され、高いノルマが設定されます。
しかし例外もあります。
例えば先物取引はブラック営業の代表業種として昔から有名ですが、いち早く時代の流れを読んでネット専業で営業活動をしているような企業には営業職がほどんど存在しません。

業界毎にみるブラック営業職の口コミと評判

では実際に業界で働く営業職の人たちの口コミを見てみましょう。

口コミはいずれも東証一部上場クラスやかなり知名度の高い大企業に投稿されたものをサンプリングしています。

大企業であれば風評被害による機会損失が大きいため、法令順守の精神や健康経営にも力を入れている企業はそれなりに多いです。

それでも悪評が多いのであれば、業界の体質としてブラック気質が強いと言わざるを得ないでしょう。

こうして口コミ評判を見てみると、お客様事情に巻き込まれたり、長時間労働や休日出勤を強いられるケースが多いようです。

働き方改革というキーワードの存在もあり、おおっぴらに強制している職場は減ってきたようです。

しかしやってはいけないと分かっていながら暗にプレッシャーをかけてくる企業も多いので、余計たちが悪いです。

ご自身の気になる業界や企業があれば、是非下記のリンクから口コミを調べてみて下さい。

 

引用:カイシャの評判

テレアポ/訪問販売全般(浄水器、太陽光、リフォーム、ふとんなど)

休みは隔週2日ですが、支店によっては休日でも営業に出ないといけない雰囲気があったりお客さんの電話があったり会社から電話があったりします。
また平社員は大丈夫なのですが、商談に行くようになってからは土日関係無しに商談が入るので休みは全く無くなります。
特に代休が出るわけでも別で手当てが出るわけでもありません。

(20代/男性)

 

会社の評判が悪いことは自覚している割に、ギャラはとても低い。相場の半分。低すぎて家賃の低いところに移転するべきか、職場を変えるかで悩んでいる。

(30代/女性)

 

残業が多く更にはチームの数字が足りていないと前日の夜に翌日の休日出勤が決まることもありました。またテレアポや会議など、定時という概念をすっ飛ばして組まれていたりすることが基本なので特に平日のワークライフバランスは期待しない方が良いとかんがえます。

(30代/男性)

先物取引

東京商品取引所の立会時間で事前注文の受付時間を含めると平日の朝8:00から翌日5:30まであります。同時間帯をカバーするため勤務時間形態はシフト制となり、生活のリズムが不規則になりがちです。もう少し多数の人員で回せればと思います。

(30代/男性)

 

昔ながらの会社なので、精神論が多い。固定給は少なく、ボーナスはすずめの涙なので、歩合で稼がないと給料は上がらない。拘束時間が長く、何もしてない時間も多いので生産性がない。

(20代/男性)

 

朝から7時半に会社に出社し、夜帰るのは21時過ぎ。そこから晩御飯を食べるとなるとほぼ自由時間はない。

(20代/男性)

ブライダル業界

転職サイトに、残業時間10時間までと記載があるがうそ。法律で決まってる昼休み休暇時間も取れずその手当もない

(30代/女性)

 

週休2日ではありません。週休2日、有休消化推進とは表向きは言っているが実際は処理ご終わらないとサービス出勤していることが多い。有休は病気になった時しか使えていない申請したら嫌な顔されるし。

(30代/女性)

 

土日祝日は基本的に出勤のため月の公休数が少なく感じる(平均公休数は月8~9日)連日休暇は忙しい店舗ほど取れない。

(20代/女性)

パチンコ業界

納品作業があると深夜までの業務が強いられる。特に中小の担当であればオーナークラスが納品に立ち会うので、自社商品の納品があればそのために行っていた。情深い業界なので、こういった行動が必要となってくる。他のメーカーの営業、業者のかたも多くの人が立ち会っていた。以前より納品の立ち会いが少ないと聞いているが、最近は業者に頼んでいた納品作業も自分達で行なっていることがしばしばあると聞いている。特に朝起きることが辛くなるので、そこは覚悟が必要。

(20代/男性)

 

基本は土日祝日は休みになりますが、営業職の場合は年中無休で深夜早朝問わず電話がなりますから完全なる休みということはないと思っていいでしょう。なんせパチンコ屋さんは年中無休ですからね。あと、トラブル関係は日中よりは深夜や早朝が多いです。特に新台入替の当日はお酒を飲まない方がいいです。なぜなら呼び出しがあって現場に急行して場合によっては部品交換をしないといけなかったりトラブル解消まで拘束されることもあるからです。

(30代/男性)

 

部署によっては休日出勤も頻繁にあり、また休日手当てなども無し。そんな部署では有給消化なんて基本できないし、この時代に有給取得時には「なぜ有給を取るの?」と聞かれる事も。

(30代/男性)

生命保険(リテール)

実際に収入が多く裕福な人も多いですが、お客様の取り合いで揉めたりなど、ドロドロした面もあるようです。表向きは営業職なので、人当たりは良さそうで感じの良い印象がある分、注意が必要です。

(30代/女性)

 

新人のうちは販促品などサポートしてもらえますが、とにかく数字に追われ、採用にも協力するよう毎日のように言われ、精神的な苦痛はあります。営業所にもよりますが、今の契約に追加契約や別の契約に変更できるようなお客様は引き継がせてもらえず、契約をもらうまでに苦戦します。

(40代/女性)

 

鬼のように電話や訪問して契約もらってこい(保全手続きじゃほとんどお金になりません)、固定給は1万、2年間は低めのノルマこなせば16万円保障あるよ。9-17で帰れません。土日も出ないとどうにもなりません。
社用携帯もなく、自腹で契約。お客様へのノベルティ等々全て自腹。とにかく出費が多い。
実質パートより低い賃金。正社員としか聞いていたのに実質個人事業主。

(20代/女性)

証券・銀行業界(リテール)

支店によって異なるのが前提ではあるが、残業時間の延長申請がもらえず、年間の残業時間360時間がオーバーしそうになったらいろんな時間を削らされている。PCの起動時間も制約されるなか、残業は散々させられる。

(20代/女性)

 

有給取得の促進はいいが、結局業務が圧縮されるし、休みの前後は数字を出すことが要求されるため、精神的につらい。それなら休まない方がマシと思っている営業員もいる。

(30代/女性)

 

頻繁な飲み会、お客様への粗品、先輩顧客の付き合いでのクリスマスケーキ等の不要な商品の強制購入、影響のストレスで発症した病気のための医療費が給料以上にかかりむしろマイナス。よく給料が高いと言われるが、全くそんな事はなく、むしろ仕事の内容に対してかなり低いと思う。

(20代/女性)

 

不動産業界(リテール)

募集要項では週休2日制とは謳っているものの、現場では土日のいずれかは出勤が半ば強制されている。ワークライフバランスというキーワードが出てからはあからさまな強制はないが、土日いずれかを出勤しないといけないような空気感は間違いなく存在する。ベテランになればそのあたりはうまくやるが、新人だとこれが原因で潰れていくことは多い。大型連休も実績や見込みのお客様がいない営業はその間に出勤をしなければいけないのが現状である。

(30代/男性/不動産業界)

 

1つの契約自体が容易にはいかない為、基本給と残業代だけでは生活が難しい。1年を過ぎたら営業手当もなくなる為さらに圧迫していく。1年以内に契約を取るしかないが日々の営業活動はもちろん、上司から詰められることも多いので、精神的にも金銭的にも余裕が無くなっていく。契約を取れるといいだけの話なのですが…

(30代/男性)

 

営業は契約を取らないとボーナスが出ない為ボーナス月だとしても喜べない。かなりきつい。新卒で入社を考えている人はやめた方が良いと思う。

(30代/男性)

ベンチャーIT・事務機器(複合機など)業界

有給休暇はまず取れません。取得をしても販売課の予算が達成していないと後々嫌味らしく言われることが多いです。

(20代/男性)

 

労働時間がとにかく長すぎる。ノルマが高すぎてとにかく働き続けるしか解決の手段がない。やめていく人が多すぎてマンパワーが足りていないのは誰の目にも明らかなのに予算が年々倍増。残業するな工夫しろと言われるが具体的な策は一切なし。

(30代/男性)

 

仕事が残っていても残業削減を優先させられるので、必ずPCを持ち帰って仕事をこなす時期がある。社外で社内システムを動かしてもログは取られないので、サービス残業を強要されている感じがする。

(20代/男性)

派遣業界

残業は多く、45時間守れる月の方が少ない。外回りの営業だと直帰することもできるが、内勤営業だとなかなかそうもいかない。外勤内勤営業含めて、事務作業も自分でこなさないといけないので事務作業をするために会社に帰らないといけないのでどうしても遅い時間になってしまう。営業時間内は営業に徹するようにという風習もあり、なかなか他部署にも話しかけづらい雰囲気があり、仕事がなかなか進まないので、改善したほうがいいと思う。

(30代/女性/派遣業界)

 

数字が行かなければ詰められる。急激に成長した組織なので上の立場に立つ人間もセンスがなく過去の栄光にすがってその時のやり方で教育してくる。柔軟性がなさすぎる。

(20代/女性)

 

テレアポ・飛び込み・人情営業の比率が多く、戦略的に頭を使わなくてもこなせる仕事のため、成長を感じにくいです。

(20代/男性)

自動車販売業界

休日出勤が常態化定時外勤務は当たり前で平気で22時頃、またはそれ以降も働かされて残業代はほぼ出ない。有給は基本利用できない。人事部は全てのことに目を瞑る。

(30代/男性)

 

一応週休2日になっているが、実際は、定休日の火曜日のみ。休日の設定は、しているが、出勤するのが当たり前になっている。

(20代/男性)

 

売れなくなると関連会社のタクシー運転手やガードマンなどに平気で飛ばされる。

(30代/男性)

 

ブラックな営業活動になりがちな顧客層は?

続いては顧客層に目を向けていきましょう。

営業職は顧客があって初めて成り立つ職種であり、顧客には様々な属性があります。

年齢・性別・個人もしくは法人・商談できるのは休日のみ、など。

一般的には法人の方が個人よりもホワイトな顧客と言えます。

 

法人であれば、顧客企業にも会社としての順法精神や最低限の商談マナーがあると考えられるからです。

個人顧客は本当に千差万別で、やはり顧客の中にはとんでもない振る舞いをする人が一定の割合で存在します。

金銭感覚においても法人よりも個人の方がシビアであるケースが多いです。

金銭感覚がシビアな人ほど要求は厳しいケースも多く、個人顧客を相手にする営業職はリスクの高い顧客の性質を見抜くスキルも必要です。

また、個人顧客は平日が仕事の人が多いため、商談開始の多くは夕方以降もしくは休日になるケースがあります。

最近は固定電話を設置しておらず、尚且つオートロック付きの家に居住している人が多いので、個人向けの新規開拓営業の担当者であれば、見込み客を発見するだけでも相当苦労する時代になりました。

上記のブラック営業職が多い業界でも、法人向けルート営業職と、個人向け新規開拓営業とでは大変さがかなり違います。

見込み客の発見すらできない状態が続くと、必然的に残業が多くなり精神的にも苦しめられる可能性があります。

このことを知っておくだけで、営業職の選び方がグッと変わってくるはずです。

 

ブラックの可能性が高い営業職の求人案件の特徴

営業職として転職活動を希望している皆さんへ、ブラックである可能性が非常に高い営業職の求人案件の特徴をお教えします。

有名な転職エージェントに掲載されている求人情報でも、ブラック求人案件は当たり前のように存在します。

以下のような求人条件が3つ以上当てはまる求人は、ブラックである可能性が高いと判断して検討対象から即座に外すことをおすすめします。

 

  • 若くても努力次第で高給がもらえることを強烈にアピールしている
    (給与総支給額のうち、インセンティブの割合が50%以上の会社は特に注意が必要)
  • 管理職でもないのに裁量労働制且つ、固定残業代の割合が高い
    (【総支給額23万円、うち5万円分の固定残業手当含む※35時間相当】 なんていうめちゃくちゃな求人もある)
  • 昇給が「随時」となっていたり、昇降格が年4回以上と記載がある
    (昇給タイミングがしっかり設けられていなかったり、昇降格の乱高下が激しく人の出入りの激しい可能性がある)
  • 年中求人を募集している
    (社員の定着率が低い可能性が高い)
  • 転職祝い金の支給や手当の多さをとにかくアピールする求人
    (社員の確保が困難であったり、基本給が著しく低く抑えられている可能性がある)
  • 完全週休二日制ではなく、「週休二日制」と記載されている
    (月に一回でも週休二日でない場合は完全週休二日制と記載ができない)
  • 年間休日が110日を下回っている
    (中には105日という会社もあり長時間労働が常態化している可能性がある)

 

ホワイトな営業職に転職するには?

ホワイトな企業に転職するには

いかがでしたでしょうか。

今回はブラック色の強い営業職についてご紹介しましたが、ホワイトな営業職に転職するためにはどうしたらよいでしょうか。

どんな業界であってもブラックな営業職というものは存在しますし、自分の全ての希望を叶えてくれる会社なんてこの世の中には存在しません。

やはりまずは自分の中で絶対に譲れない条件(給与、労働時間、勤務形態 など)を明確にし、そこを最低限叶えられそうな求人を見つけることが大切です。

ブラックの定義や感じ方は人によって異なります。

巷の情報を鵜呑みにせずに、まずは自分の中で転職活動において譲れない軸を明確にしましょう。

その上で転職活動を進めていくとスムーズに展開していくはずです。

とはいえ、一つ注意して頂きたいポイントがあります。

それは、どんなにホワイトだと言われる企業に転職しても上司は選べないということです。

上司によって職場のブラック度合いも変わってきますが、こればかりは入社した後でないと分からないものです。

しかし、本記事でも触れた顧客層については調べることができます。

法人向けのルート営業であれば、個人向け新規開拓営業よりは落ち着いて営業活動を展開できる可能性が高いでしょう。

もちろん個人向け新規開拓営業に向いている人もいますし、個人向け営業職を否定するわけではありません。

ご自身の企業選びの判断基準を明確にしながら情報収集を進めることをおすすめします。

きっとあなたに適した営業職の求人に巡り合えることでしょう。

 

営業職未経験でもホワイトな営業職に転職するには転職サイトと転職エージェントの2つに登録し、様々な情報収集をすることが大切です。

未経験でも営業職になるための転職サイト選びについては以下の記事で詳しく説明しています。

関連記事

転職を考えた時に「営業って未経験でもできるのかな?」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。 実は営業は、未経験からでも始めやすい職業なのです。 なぜ未経験からでもチャレンジしやすいのか、詳しく紹介していきます。 &nb[…]

未経験で営業に転職する

おすすめ記事

\FOLLOW US/