転職理由の「スキルアップのため」はアリ?ナシ?

転職理由の「スキルアップのため」はアリ?ナシ?

「面接で転職の理由を聞かれたとき、どう答えたらいいのだろう?人間関係やスキルアップを理由にしてもいいのかな?」
転職活動中の方なら、多かれ少なかれこういった悩みを抱えているはずです。

準備している転職理由をそのまま伝えると、企業に悪い印象を与える可能性があります。
「自分の考えている転職理由と企業が聞きたい転職理由には食い違いがあるかも」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、企業が転職理由を質問する理由と、転職理由を答える際のポイントを説明します。

そのうえで、多くの転職希望者が転職理由にあげがちな「スキルアップのため」という転職理由について、メリットとデメリットもあわせて紹介します。


                             エンジニアの種類を理解したらつぎは転職を相談する相手になります。実績もあり的確なアドバイスをもらえる転職会社とタッグを組むことが成功する条件です。私自身も未経験から超大手IT企業に転職をして役員まで昇り詰めました。もしあの時にヘッドハンティング会社との出会いがなければ今の私はなかったのです。誰もが最初は未経験からのスタートですから安心して相談しよう!

面接官が転職理由を聞くのはなぜか?

企業が転職理由をたずねるのは、以下に挙げる3つの理由があるからです。

早期退職をしないか?

ここが転職理由を聞く一番のポイントでしょう。転職者が、入社後にすぐ退職されると採用した意味がありません。転職理由が責任転嫁だったり、はっきりしなかったり、残業自体が嫌だったりなどの理由だと、転職者の早期退職を考えてしまいます。

自社とマッチングで活躍してくれるか?

入社後に活躍してくれるかどうかを判断するのに、転職理由を聞く企業は少なくありません。

転職理由から仕事をする姿勢や今までの仕事への取り組み方を聞いて、自社とのマッチングを図ります。

企業は、社風や欲しい人材と合致しているかを転職理由によって1つの判断材料としているのです。

営業職は本当にブラックなのか?業界毎の口コミと評判を集めてみた

↑こんな会社は要注意!失敗しないためにも転職会社を上手に活用しよう!

退職する前に問題の解決を試みたか?

転職する前に、問題解決に向けてどう取り組んだかも、企業が関心を抱いていることです。

転職理由は人それぞれですが、どの企業にも問題点はあります。「上司からパワハラを受けた」「残業があまりに多かった」など。しかし企業が聞きたいのは不平ではありません。

不平を言うのではなく、解決のため行動を起こしてみたかどうかが重要なのです。問題に直面したときに、解決するために行動を起こせるかどうかで、積極性などが判断されるのです。

IT企業への転職なら!おすすめエージェント6選

↑この記事を読んだ方はこんな記事も読まれています

転職理由を答える時のポイント

ここでは面接で転職理由を聞かれた時の答え方のポイントについて説明します。面接官に対して悪い印象を与えないためにも、以下のポイントを外さないようにしましょう。

ウソをつかない

面接官は多くの転職者を面接してきています。本当の理由を言っていないことぐらいはわかってしまいます。もし、ウソの理由を作って入社できても、結局早期退職を招くことになります。本人にとっても、企業にとっても良いことは1つもありません。


↑『個』の時代を生き抜くために自分自身の価値を高めておくべきです。何をやるかではなく、何ができるかをコミットメントできる人間でありたい。

本音を話す

先述したように幾多の面接を経験してきた面接官には、本音かどうかすぐにわかってしまいます。

転職者は不満や問題があって、転職活動をしているのです。面接官もそこはわかっているのです。

ただの愚痴でないかぎり、本音を隠す必要はありません。むしろ本音を隠すことは、面接官の判断材料を減らしてしまうので不利になるおそれもあります。

言う必要のないこともある

面接において不要なことまで洗いざらい言う必要はありません。

特に「上司や同僚とそりが合わなかった」などの人間関係が理由で退職した場合は、こと細かに話さない方が無難です。

特殊なセクハラやパワハラであれば問題ありませんが、「人間関係がうまくいかなかったら辞める」という印象を残すことになります。

不満ではなく、具体的な数値での理由を

面接官は、転職理由を本音で話してほしいと考えています。

不満や不平が現職にあったから、転職を考えたのだとしても、それを漠然と答えるだけでは、単なる愚痴にすぎません。

先述したように、どこの企業にも問題はあります。例えばそれが勤務時間など労働者の権利に関わることなら、休みの日数や残業時間について具体的に説明すると良いでしょう。

ポジティブな姿勢を見せる

面接では、「なぜ問題を解決できなかったのか?」など、本人にとっては厳しい質問をされることもあります。

そのような場合でも、まずは、明るくはきはき答えることが大切です。下を向く必要はありません。

自信をもって「今後に生かしていきます」などポジティブに前を向いていることをアピールしましょう。

転職理由の「スキルアップのため」と答えるメリット

ここまで、転職理由のポイントについて解説しました。それを踏まえて、転職理由を聞かれたときに「スキルアップのため」と答えるメリットについて解説します。


                            コーチングは必須のスキルになっているのを理解していますか? 私の経験から、会社は人材育成ができる管理職やリーダーを重要視して評価します。多くの優秀な人材が育成できれば企業は伸びるが結論です。コーチングとは最強のマネジメントと認識

転職理由としては前向きな理由

「スキルアップのため」という転職理由は、企業側からすると決して後ろ向きの理由ではありません。ただし、スキルアップを転職理由に挙げるなら、現職では出来なかかった理由や転職すればできる理由など、具体的な理由を挙げることが大事です。

理由が具体的であれば、スキルアップでの転職理由は前向きととらえてもらえるでしょう。まずスキルの土台がしっかりある前提で、さらにスキルアップを図りたいなど、将来性を感じさせる内容であればより高い評価につながります。

積極性をアピールできる

転職理由として「スキルアップ」を挙げれば、仕事への積極性をアピールできます。企業に貢献できる人材であることをアピールできるよう、どんなスキルを向上させたいか具体的に伝えることが大切です。

スキルアップの理由が具体的であればあるほど、面接官の目には「この人は仕事に積極的な人材だ」とうつります。人間関係を理由とする転職活動よりははるかに印象も良いでしょう。

今後のキャリアアップも視野に

スキルアップとキャリアアップは対のようなものです。スキルアップがあって初めてキャリアアップもできます。したがって面接では、まずスキルアップが今までできなかった理由を明確に説明します。

そのあとで、具体的にどういったスキルを転職先でアップさせて、それをどうキャリアアップにつなげるかを説明します。そうすることで、企業に貢献できる人材としてのアピールになるのです。

転職理由の「スキルアップのため」と答えるデメリット

「スキルアップのため」と答えるのは、先述のとおり具体的に説明すればメリットとなります。しかし以下に挙げるようなデメリットもあるので、実は諸刃の剣とも言えるのです。

あまりアピールにつながらない

転職理由にマイナスの表現にならない「スキルアップのため」とする人は多いです。そのため、ただスキルアップという言葉だけでは、漠然としすぎていてほとんどアピールにならないのです。

それどころか具体性を求められた場合、答えに詰まってしまうと何も考えていないととらえられることもあります。

具体的なビジョンがないと逆に印象が悪くなる

先述したように、スキルアップとキャリアアップは対の関係にあります。スキルアップからキャリアアップの流れを具体的に説明できなければ、面接官に対してあまり良い印象を与えられません。

転職者が、入社してからどんな仕事に取り組んで、どのようにスキルアップ、キャリアアップをはかりたいのか、具体的なビジョンが明確に答えられない場合、「スキルアップのため」という転職理由はむしろ逆効果になるので注意しましょう。

まとめ 転職理由の「スキルアップのため」はアリ?ナシ?

転職理由の「スキルアップのため」はアリか?なしか?について紹介しました。結論として「スキルアップのため」と言う転職理由はアリです。

しかし、転職する際に、ある一定のスキルがあることが前提です。その上で具体的にどうスキルアップして、キャリアアップにつなげるかという具体的なビジョンを説明できるかが重要となるでしょう。


                             エンジニアの種類を理解したらつぎは転職を相談する相手になります。実績もあり的確なアドバイスをもらえる転職会社とタッグを組むことが成功する条件です。私自身も未経験から超大手IT企業に転職をして役員まで昇り詰めました。もしあの時にヘッドハンティング会社との出会いがなければ今の私はなかったのです。誰もが最初は未経験からのスタートですから安心して相談しよう!

[参考記事]
・https://www.enworld.com/blog/2019/09/tensyoku-reasons
・https://axxis.co.jp/magazine/15
・https://doda.jp/guide/mensetsu/interview/003.html
・https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/21100/
・https://www.proseek.co.jp/contents/tensyoku_oyakudachi/201706_11.php

おすすめ記事

\FOLLOW US/