転職に悪い時期と中途採用されやすい時期とは?

転職に悪い時期と中途採用されやすい時期とは?

「できるだけ早い時期に転職したい」

職場の悩みやキャリアアップなど、さまざまな理由から早めの転職を希望している方は多いのではないでしょうか?

しかし、転職には時期が大切です。
そこで今回は転職に悪い時期と中途採用されやすい時期について紹介します。

ぜひ参考にしてください。

転職に悪い時期とは

転職はやみくもにすればいいわけでなく、時期をよく検討する必要があります。

なぜなら転職に適する時期と適さない時期があるからです。

求人数や企業の求人動向が活発でないのが8月~9月、11月~12月です。この時期は長期休暇に入ったり繁忙期だったりして、企業側も求人活動にあまり力を入れることができません。

求職者との日程調整がうまくできないので、求人活動も動きが全体的に鈍くなる傾向があります。

転職に悪い時期の転職活動

8月~9月、11月~12月は転職に悪い時期なので、求人数や全体的な企業の求人活動が鈍くなります

この時期にする転職活動にはデメリットがありますが、実は意外とメリットもあるのです。

閑散期と呼ばれるこの時期に転職活動をするメリットとデメリットについて解説いたします。

転職に悪い時期に転職活動するメリット

1 求人倍率が低くなる
求人数が少なくなる時期ですが、求職者も求人数の少ないこの時期を避けるため求人倍率は低くなり転職しやすくなる傾向があります。

2 落ち着いて転職活動ができる
先述したとおり求人数が減り、企業も求人活動に大慌てになる時期でもないため面接など落ち着いて受けられるでしょう。


                             エンジニアの種類を理解したらつぎは転職を相談する相手になります。実績もあり的確なアドバイスをもらえる転職会社とタッグを組むことが成功する条件です。私自身も未経験から超大手IT企業に転職をして役員まで昇り詰めました。もしあの時にヘッドハンティング会社との出会いがなければ今の私はなかったのです。誰もが最初は未経験からのスタートですから安心して相談しよう!

転職に悪い時期に転職活動するデメリット

1 理想の求人に巡り合える可能性が低くなる

求人数が少なくなり、企業も求人活動の動きが鈍くなります。
理想の求人に出会える確率も下がっていきます。

2 日程調整が難しくなる

大型の連休や繁忙期で面接などの日程調整がなかなか合わず、選考までに時間を要する可能性があります。

3 転職に悪い時期の求人は良質の求人でない可能性が高い

良質な企業はしかるべき時期にしかるべき求人を出すことがほとんどで、年中求人を出していたり不足人員を緊急で補うために求人を出していたりするケースが多く、この時期の転職活動はあまりおすすめしません。

中途採用されやすい時期とは

転職希望者が最も多くなる時期は3月~4月、9月~10月です。

しかし、実際に求人数が最も多くなる時期は1月~2月、7月、10月です。

転職を考えた場合、就職の2カ月ぐらい前から転職活動を行うのが最も採用されやすい時期になります。

中途採用されやすい時期の転職活動

中途採用されやすい時期は求人数も多く、企業側の求人活動も活発になります。

企業側も4月や9月の新体制で即戦力を獲得しておきたく、新しい事業を始めるため人材が必要になるなど積極的な採用も多い時期です。

この時期の転職活動のメリット・デメリットについて解説いたします。

中途採用されやすい時期に転職活動するメリット

1 現職を退職しやすい

繁忙期などを過ぎ、人材入れ替えの時期にもあたるため、退職によってかける現職への負担を軽減できます。円満退職もしやすい時期です。

2 求人選びの選択肢が増える

求人数が単純に増えるため、企業選びの選択肢が増えます。重要なポストなどに空きが出来たりするのもこの時期。キャリアアップのための転職には最適の時期です。理想の求人に巡り合う確率も一番高くなるでしょう。

3 タイミングの良い転職ができる

企業の区切りのタイミングで入社になるため、企業側も転職者を受け入れやすい時期です。
また人事異動を活発にしている時期でもあり、入社する側は新しい部署になじみやすい環境で転職しやすい傾向があります。

中途採用されやすい時期に転職活動するデメリット

1 ライバルとの競争率が高くなる

求人数が増えて良質な求人も増えますが、転職希望者も増えていますので競争率もあがります。早めの準備と対策が必要でしょう。

2 面接日程が組みづらい

転職希望者が最も多い時期でもあるため、企業側も大慌てで予定を組んでいきます。
そのため、なかなか希望する日程で面接を組めないことが多いです。
余裕をもった日程で面接を組むよう心がけましょう。

まとめ 転職に悪い時期と中途採用されやすい時期とは?

今回は転職に悪い時期と中途採用されやすい時期について、メリット・デメリットとともに紹介いたしました。
転職活動には悪い時期と中途採用されやすい時期があり、早めの転職活動と事前準備が必要です。

おすすめは転職エージェントへの登録です。サポートも手厚く転職のプロがサポートしてくれます。転職をお考えの方はぜひ一度登録を検討してみてはいかがですか?



転職を考えて悩んでいる方はまずは相談からはじめてみましょう!自分に合っていない会社で無理して過ごすことは体にも心にも負担がかかります。我慢して給料のためにだけ居続けることはありません。相談するだけで気持ちが楽になります。転職先があることがわかるだけで心に余裕がもてるのです。一人で悩まずプロの力を借りましょう!

おすすめ記事

\FOLLOW US/