出世する人のオーラとは?共通する5つの項目!

出世する人のオーラとは?共通する5つの項目!

出世する人には、独特のオーラがあると感じた経験はありませんか?

自分に自信がある人は、威張る必要もなく、偉そうに上から目線をする必要ないため腰が低く誰にでも丁寧だが威厳があるものです。

実力のないリーダーは部下と群れてしか行動できない、部下と一緒にいないと自分がどう見られているかが不安なため、常に部下と群れて行動したがるのです。見ていて非常に哀れです。

読者はそうならないように実力のあるリーダーを目指すためにも出世するオーラを発する人になろう!

若手なのにどこか自信がありそうだったり、威厳のある風格をしていたり、「この人はひと味違うな」と感じることもあるでしょう。

今回は、出世する人の共通項を探っていきましょう。

オーラの源が分かれば、自分の参考にできるポイントが増えていくかもしれません。

優秀なビジネスマンは身だしなみがちがう

常に背筋が伸びていて、姿勢がいい

出世する人は、常に背筋が伸びていて姿勢がいいことが多いです。

身長が大きくなくても経験が浅くても、何となく自信が醸し出される必須の項目であり、無意識のうちに信頼感を覚えるのかもしれません。

反対に姿勢が悪いと視線が下に落ちがちで、周りからのアイコンタクトに気づかなかったり人の細かい仕草を見逃してしまったりするでしょう。

まずは形から入るためにも、姿勢をよくしてみるのがおすすめです。

明るくはきはきした話し方をしている

周りから評価される人は、明るくはきはきした話し方をしています

困っているときや叱責されているときでもゴニョゴニョ話さず、聞き取りやすい声量とトーンで話してくれるのです。

考えていることが伝わりやすいためコミュニケーション上、不便が生じず適格なレスポンスが返ってくるからこそもっと話しかけたい、と人は思うのかもしれません。

ただし、はきはきした話し方と、ストレートな物言いは異なります。

だいたいはスピーチを見れば優秀かどうかはすぐに見抜けてしまうものです。普段は偉そうにしていても公の場でのスピーチになると声が小さくゴニョゴニョなるパターンが多いですね。

時には相手を慮ってオブラートに包んだ表現をしたり、相手への配慮を忘れたりしないよう心掛ける必要がありそうです。

 


                            組織のリーダーやリーダーを目指す人にとってコーチングは必須のスキルになっているのを理解していますか? 私の経験から、会社は人材育成ができる管理職やリーダーを重要視して評価します。多くの優秀な人材が育成できれば企業は伸びるが結論です。コーチングとは最強のマネジメントと認識

見た目に気を使っていて清潔感がある

出世する人は、見た目に気を使っていて清潔感があるのも特徴です。

どんなに仕事ができる人でも、ヨレヨレのシャツにボサボサの髪型では、オーラを感じることはないでしょう。

人物全体に対する信用度が変わるポイントでもありますから、過度にこだわる必要はないものの、最低限の身だしなみは整えられるようにしておきましょう。

人が寄ってくる根本的なきっかけは、見た目の影響によるものも大きいのです。

結論からズバッと伝えてくれる

出世する人は、結論からズバッと伝えてくれることが多いです。

タイムイズマネーの精神で時間を無駄にしないよう常に時間を切り分けて考えている効率重視タイプだからこその共通項なのかもしれません。

「いかに短時間で分かりやすく説明するか」「聞き手がちゃんと整理しながら話を聞けているか」を考えることが多く、その対策のひとつとして結論ファーストな話し方が身についたのでしょう。

ここぞというときには自分の意見や提案の有用性を言い切れるくらい、自信のある話し方を習得したいものですね。

 


↑オーラがある人は出世をして幹部へと登用されていきます。市場価値はさらに高くなり将来は独立・起業も十分に視野に入れることができます。今から起業を学んでおくことで更に価値を高めることをしておきましょう!

 

笑顔が多く、とっつきやすい

笑顔が多く、とっつきやすい人は得することが多いです。

上司からも部下からもフランクに話しかけてもらいやすく、時には裏話や内緒話を仕入れられることもあるでしょう。

人の輪に加わることも多く、ちょっとした雑談からチャンスを掴むのもうまくなっていきます。

後光がさすようなオーラのある人は、大体笑顔のイメージですよね。

まずは表情を意識するところから始めてみてもいいのかもしれません。

 

まとめ

「出世する人はオーラがある」と言われますが、よく観察するとそのオーラの源が分かってきます。

人からいい印象を持ってもらえるような立ち振る舞いや身だしなみであることが大半なので、まずは真似できることから真似していきましょう。

特にリーダーの人もリーダーを目指す人は意識して積極的にオーラを身につける必要があると考えています。

いつかそれが当たり前になったとき、自分も少し成長できるかもしれませんね。

 


                                                                                               
30代40代で日経新聞や本を読んでいるぐらいでは基本的な情報すら危ういです。世界で通用した人物と言えば大前研一氏ではないだろうか?事実、マッキンゼー日本支社長の歴代の名前を言えますか? それぐらい大前氏のネームバリューは世界で知られています。ビジネスの最先端情報は絶対に大前氏から入手すべきなのです。私もビジネスブレークスルーで英語やファイナンスなど多くの講座を学習し非常に役立ちました。ワンランク上のビジネスマンを目指そう!

おすすめ記事

\FOLLOW US/