「出世欲がない」と思われるのはどんな人?特徴4選

「出世欲がない」と思われるのはどんな人?特徴4選

出世を目指し目の前の業務をしっかりこなしていても、「出世欲のない人だと思っていた」と言われることはありませんか?

「もっとガツガツ出世に向けて動かないと、上は認めてくれないよ」
「出世欲のなさそうな人だから、今のポジションのままでいいよね?」
と言われ、自分の頑張りが足りないかと肩を落とす人は少なくありません。

今回は、「出世欲がない」と思われるのはどんな人か、特徴をいくつかピックアップします。

この当てはまるポイントを修正すると逆に出世できる訳ですから、まだ出世したいと目指している人は諦めずに努力をしてみよう。

自分を冷静に見直し、当てはまるところがないかチェックしていきましょう。

出世レースで敗れたときの生き方とは?5つの選択肢を解説します

↑この記事を読んだ方はこんな記事も読まれています

他部署とのコミュニケーションをしない人

他部署とコミュニケーションをしない人は、出世欲がないと思われがちです。

出世すると、当然ながら自分の部署だけでなく他部署との横連携が求められるシーンが多くなります。

時には別の部署から人員を借りたり、反対に別部署の仕事を手伝ったり、持ちつ持たれつな関係性を気づく必要があるでしょう。

このような素質が求められるにも関わらず他部署とコミュニケーションしないのであれば、「出世欲のない人」とみなされます。
今のうちから人脈を築くという意味でも、積極的なコミュニケーションを取るのが理想です。

業務外の勉強をしない

業務外の勉強しないのも、出世欲がない人の特徴です。

仕事で最低限必要な知識やスキルのみを習得し、自身のキャリアアップや他への応用にまで視野を広げない場合、期待値がどうしても下がってしまうでしょう。

反対に、どんなことにもハングリー精神を持ち、謙虚な学びの姿勢を忘れない人は評価が高まります。
一見仕事に関係ないように見えても、後々役立つということは多いものです。

本を読む、資格を取る、上司のキャリアパスを聞くなどできることはたくさんありますから、無理のない範囲で手を広げてみましょう。


                                                                      
30代40代で日経新聞や本を読んでいるぐらいでは基本的な情報すら危ういです。世界で通用した人物と言えば大前研一氏ではないだろうか?事実、マッキンゼー日本支社長の歴代の名前を言えますか? それぐらい大前氏のネームバリューは世界で知られています。ビジネスの最先端情報は絶対に大前氏から入手すべきなのです。私もビジネスブレークスルーで英語やファイナンスなど多くの講座を学習し非常に役立ちました。ワンランク上のビジネスマンを目指そう!

目の前の仕事をこなすので精一杯

目の前の仕事をこなすので精一杯すぎて、視野が狭くなっている場合も注意です。

もちろん与えられた業務を確実にこなすことは大切ですが、時には会社の成長戦略や経営層の理念に耳を傾けてみましょう。

会社がより成長するにはどうしたらいいか、よりパフォーマンスの高い仕事をするためにはどんな要素が欠けているのかを発見できれば、自分の知見も広がります。

ハードルが高く感じられる場合は、いきなり具体的に行動せず、同僚同士で意見交換するだけでも構いません。
仕事へのモチベーションが高いことを示しておくことが重要なのです。

愛社精神がない

愛社精神がなく、エンゲージメントが低い社員は当然ながら出世が遠のきます。

「こんな低い給料で働いてなんかいられないよね」
「プライベートに時間を当てたいから、もっと残業少なくてしてくれればいいのに」
など愚痴っぽい姿を見られてしまうと、イヤイヤ仕事をしていると捉えられてしまいます。

出世すると管理職として大きな責任やプレッシャーに晒される機会もありますから、愚痴っぽい人に管理職は向きません。
「あまり出世したくないんだろうな」という印象を抱かれ、なんとなく昇進から遠ざかることも少なくないのです。

まとめ:時には「出世したい」という我を出すことも重要です!

出世するには、ストレートに「出世したい」という我を出すことも重要です。

自己主張することで周りの賛同を集めやすくなり、場合によっては上席からサポートしてもらえることもあるでしょう。
一方で、ガツガツしすぎて同僚や後輩を蹴落とすようではNGです。
出世後のことも考えて人望をなくしすぎないよう配慮し、一目置かれる存在になるべく努力していきましょう!


                            組織のリーダーやリーダーを目指す人にとってコーチングは必須のスキルになっているのを理解していますか? 私の経験から、会社は人材育成ができる管理職やリーダーを重要視して評価します。多くの優秀な人材が育成できれば企業は伸びるが結論です。コーチングとは最強のマネジメントと認識

おすすめ記事

\FOLLOW US/