トップ営業マンはセールスライティングを覚えると更に成績があがる

トップ営業マンも、普通の成績の営業マンも、今すぐセールスライティングを覚えるべきです。

セールスライティングを覚えることで営業の成績が高確率で良くなります。

いまの時代、手紙を書くことは少なくなりましたが、セールスライティングを学べば良いやすい手紙を書くことができるでしょう。

副業でも稼ぐことができるので、営業マンはセールスライティングを覚えるとメリットがたくさんあります。

 

\この記事はこんな人に読まれています/

  • 営業マンがセールスライティングを学ぶ理由を知りたい
  • 営業マンがセールスライティングを学ぶメリットを知りたい
  • セールスライティングを学ぶと営業にどう活かせるのかを知りたい

営業マンこそセールスライティングを学ぼう

ライティングを学ぶと大きく2つのメリットがあります。

 

  • 営業力が強化される
  • 副業に活かせる

 

セールスライティングができるようになるとメリットしかありませんので、営業成績が良くない人や、これから営業職を始める人はライティングの勉強をオススメします。

 

ライティングを学びたいならこちらの記事がオススメです。

 

営業力が強化される

営業マンは言葉で案件を受注することが仕事ですが、セールスライティングは文章受注することができる高等テクニックです。

また、文章でセールスができると言語化する時に頭の中を整理しながらアウトプットすることができるので、相手に要点を伝えることも上手くなります。

 

副業に活かせる

セールスライティングができるようになるとブログやアフィリエイトなど、文章でモノを売ることが可能になります。

これは副業での収入を増やすことに直結します。

 

メールや手紙の文章が上手くなり営業力が強化される

セールスライティングスキルが身につくと、真っ先にメールや手紙の文章に効果が現れます。

句読点の使い方、改行のポイント、文字の装飾など、改善できるポイントは山ほどあります。

 

  • 重要なポイントを赤文字にしていますか?
  • 伝えたい内容の前後を改行で空白を作っていますか?
  • 文字の大きさを変えて強調していますか?

 

上記はほんの一部ですが、単調なメールや手紙に少し手を加えるだけで伝わり方は大きく変化します。

ポイントを明確にできる

メールの文章力があがると、伝えたいポイントを明確に出来ます。

以下のようにメールの本文内で伝えたいポイントを箇条書きにするだけで伝わり方が変わります。

・ポイント箇条書き1
・ポイント箇条書き2
・ポイント箇条書き3
要点がわかりやすければ、相手にも伝わりやすいので、相手の認識ずれを防ぐことができます。
相手に正しく伝わっているか確認したい場合は、〇〇という理解ですが認識に相違ありませんか?
という聞き方をすると認識のずれを防ぎやすくなります。

要点を整理できる

メールの文書を作ってて、自分でも何を伝えていいかわからなくなることってありませんか?

相手に伝わりやすい文章を作るためにはまず自分の頭の中で要点を整理する必要があります。

整理するためには伝える”型”を作るのが早いです。

自分なりの”型”を作ることで、常に安定した文章のクオリティを担保することができます。

PREP法(プレップ法)は、あらゆるビジネスシーンで使われる文章の作成方法です。

「PREP」とは、4つの要素の頭文字を表しています。

P = Point (結論・要点)
R = Reason (理由)
E = Example (事例・具体例)
P = Point (要点・結論を繰り返す)

大事なのは結論を最初と最後に伝えている点です。

1回では伝わりきらないことがほとんどです。

実際の営業現場では2回といわず3回も4回も結論を伝えます。

それでも相手に伝わるのは7割程度です。

 

PREP法をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事がオススメです。

コピーライティング・ハック 〜初心者のための基礎講座〜

PREP法(プレップ法)とは、説得力がある説明ができる文章構成テンプレートです。その効果は絶大!PREP法を使えば説明ベ…

営業トークが強化されて営業力が強くなる

文章をまとめる力がつくと、営業トークも向上します。

相手に伝える方法がわかるので、営業現場の実践でも活用することができます。

営業は奥が深いので、他にも営業力を上げるテクニックや考え方はたくさんあります。

ライティングを覚えることは、営業力を高めるための1つの要素として考えましょう。

頭の中を整理してアウトプットできる

文章力が身につくと頭の中を整理しやすくなります。

これは経験した人にしかわからない感覚ですが慣れてくると自然とアウトプットの順番が整理されるので、言葉に詰まりません。

言葉に詰まらないということは

  • えーっと
  • あのー

という繋ぎがなくトークが出来るということです。

もちろん頭の回転の速さも影響はしますが、頭の中が整理出来ている人と出来ていない人では伝わりやすさに差が出ます。

ロジカルなトークができる

ロジカルなトークができる人は、話しながら頭の中で情報を整理しています。

ライティングを学ぶと、情報を整理して発信する練習を積むことができるので、営業力強化に繋がります。

ロジカルなトークをするには数字を会話の中に含めると良いです。

・このサービスには”3つ”のメリットがあります。
・このサービスを導入すると、業務効率が”20%”改善されます。
・同様のサービスを導入している競合他社は“5社”です。
具体的な数字を言い切るだで説得力が一気に上がります。
ライティングでも営業でもロジカルなトークができるようになることをオススメします。

 

まとめ

営業マンライティングまとめ

営業マンがライティングを学ぶと本当にメリットしかないです。

大きく言うとこの2つ。

 

  • 営業力が強化される
  • 副業に活かせる

 

特に副業であれば、ブログを始めることをオススメします。

 

ブログの始め方はこちらの記事が参考になります。

hitodeblog

完全に何もわからない初心者でも、ブログを始められ、楽しめるようになるサイトです。 図解や画像、動画たっぷりで、楽しみな…

おすすめ記事

\FOLLOW US/