ブログの文章力を上げるおすすめ本5選|読むだけで成果がでる

ブログの閲覧数や読者を増やすためには文章力の高い記事を書かなければなりません。

文章力を学び、トレーニングをしていくことで確実にブログのクオリティは高まります。

ブログ記事の書き方は、学校の国語の授業で教えてもらった文章の書き方とは違うので、自分で本を読んだりしながら学んでいく必要があります。

 

この記事ではライティングのノウハウやコツを紹介している数多くの本の中から、ブログ記事の文章力を上げるために役に立つオススメの本を紹介しています。

 

\この記事はこんな人に読まれています/

  • 分かりやすい文章が書けずに悩んでいる人
  • これからブログを始めるために文章力を上げたいと思っている人
  • ライティングの勉強をするために何の本を読めば良いか知りたい人

 

ブログは文章力が大事

文章力とは、「自分の考えていること、伝えたいことを誰が読んでも分かりやすい文章にする力」のことをいいます。

 

ブログ記事は下記の3点を意識して書くことが重要です。

 

  1. 誰のために書く記事なのか(ターゲット)
  2. 何を伝える記事なのか(目的)
  3. どのように伝えるのか(構成)

 

この3点が明確になっていると、“読んでもらえる文章”を書くことができます。

反対に文章力がないと下記のような文章を書いてしまいがちです。

 

  • 伝えたいことが何か分からない
  • 記事のテーマが定まっていない
  • 無駄に難しい言葉や表現を使い幼稚な文体になる

 

せっかく書いた記事でも読んでもらえない、すぐ離脱されてしまうようでは書いた意味がありません。

ブログを多くの人に読んでもらうためには、文章力をあげてスラスラ読める・伝わる文章を書く技術を身に付けたいですよね。

 

ブログの文書力を鍛えるにはプロのライティングを学ぶのが一番

ブログの文章力を学ぶために1番簡単方法は毎日本を読むことです。

小説でも新聞でも雑誌でも構いません。

まずは多くの文章を読んで語彙力や正しい表現方法を身に付けていくことが大事です。

 

日頃から文章を読む習慣がある人や、文章を読むことに慣れてきた人は、さらに文章力を鍛えるためにライティングのプロの本を読んでノウハウを学びましょう。

プロのライティング本を読むと、お手本にしたいと思える文章に出会うことができます。

こんな文章を書きたいと思える本に出会ったら、本に書かれているノウハウやテクニックを実践しながらライティングすることで、ブログの文章力は上がっていきます。

 

ブログの文章力を上げるオススメ本

ブログ記事の書き方、構成、テクニックなど文章力を上げるために読んで欲しいオススメの本を5冊紹介します。

どの本もとても参考になりますが、全てが自分に合うとは限りません。

自分の考え方や方向性に合う本を1つ選んで実践していく方が遠回りせずに済むでしょう。

新しい文章力の教室

ニュースWEBメディア「ナタリー」の初代編集長が、未経験のライターに伝えてきたメソッドが紹介されていて、ブログを始めたばかりでライティングの勉強をしようと思っている人にピッタリの1冊です。

 

文章を書く前の準備や、構成の組み立て方、間違いやすい言葉遣いや、接続詞の使い方などのライティングの基礎をしっかり学ぶことができます。

 

全5章の構成で、例文を出しながらどのように修正したら良い文章になるのかという進め方なので、具体的で分かりやすい内容になっています。

どの本を読んだら良いか迷っているブログ初心者は、まずはこの本を読んでみてください。

 

第1章 書く前に準備する
第2章 読み返して直す
第3章 もっと明快に
第4章 もっとスムーズに
第5章 読んでもらう工夫

 

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義

「話すことはできるのに書くことができない」「伝わる文章が書けない」などの悩みを抱えた人に向けて、自分の気持ちや考えをいかに文章で伝えるのかという点に特化しながら、『書く技術』についてまとめられた1冊です。

 

著者の古賀史健さんはドラマ化されたベストセラー「嫌われる勇気」を岸見一郎さんと共著した有名なライターで、15年間現場でフリーライターとして働きながら蓄積した『書く技術』のノウハウと哲学を詰めこんだ内容になっています。

言葉遣いなどの細かい説明の記載はありませんが、文章の組み立て方や読者を惹き付ける導入文の書き方、誰に向けて書くべき文章なのかなど、「読者に読んでもらうための文章」のノウハウについて細かく記載されています。

 

ブログだけでなくビジネス文書やメール、手紙を書く際にも活用できると人気が高いライティング教則本で、そもそも文章を書くことが苦手だと思っている人にこそオススメです。

 

話せるのに書けない!
文章にリズムがない!
「読みづらい」「わかりにくい」と言われてしまう!
改行や句読点のコツを知らない!
文章をどう展開していいか、よくわからない!
伝わらない!
書くことが多すぎて、絞りきれない!
そもそも文才がない!

 

 

武器としての書く技術

著者は有名ブロガーのイケダハヤトさんで、ブログを始める人、WEBライティングをする人なら絶対に読んでおきたい1冊です。

 

残念な文章の10の特徴を紹介したページもあり、すでに記事を書いている人たちには当てはまるものもあってグサッと刺さる内容もあります。

イケダさんがいう、残念な文章とは「読まれない文章」のことで、この特徴が分かることでどのような文章を書けば良いかが分かってきますね。

 

他にもタイトルや見出しの付け方や、読みやすくするためのノウハウが紹介されていますので、ぜひ読んでみてください。

 

1章 文章が残念な人の10の特徴
2章 凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法
3章 月40万字書き続けるぼくの12の秘密
4章 ここまで公開していいのか?書いて月50万円稼ぐ法
5章 書く技術はこんなに人生を豊かにする

 

 

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

「ブログに何を書いたらいいか分からない」「文章がうまく書けない」と悩んでいるブログ運営者は多くいて、そんな人たちにオススメするのがこの1冊です。

 

タイトルの通り、この本を読むと文章が「うまく」「はやく」そして読者が読みやすい文章を書けるようになります。

 

記事の書き方や、ネタ不足対策になる情報収集の方法まで詳しく教えてくれているので、何度も読み返してライティングの教科書にしているという人もいます。

記事を書くための第1歩「何の記事を書くか」でつまづいている人は、ぜひ読んでください。

 

第1章 文章の良し悪しは「情報整理」で決まる!
第2章 STEP(1)素材集め「あっち情報」を集める
第3章 STEP(2)素材集め「こっち情報」を集める
第4章 STEP(3)うまい文章への最短ルート!レバレッジを最大化する「見取り図」ワーク
第5章 STEP(4)文章あてはめフォーマット術
第6章 “番外編”SNSで使える文章術
第7章 STEP(5)完成度をカクダンに高める「磨き上げの技術」

 

 

沈黙のWebライティング

SEOを意識したWEBライティングを学ぶことができる1冊です。

600ページ以上とボリュームがありますが、イラストが豊富でマンガのように面白くて読みやすいと評判です。

 

SEOの基本、SEOを意識したライティング、リライト、引用、記事の書き方、独自コンテンツの作り方などを学ぶことができます。

 

検索エンジンに評価される記事を書きたい、PV数が伸びず悩んでいる人には必見です。

 

ちなみに、WEBでも無料で公開されていますので、本を買う前に少し読んでみようかなという人は、下記より読んでみてください。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉【外部リンク】

 

全て読むのであれば、本が読みやすいです。

何回も繰り返し読む価値がある本なので、手元に1冊持っておくことをオススメします。

 

episode 01 SEOライティングの鼓動
episode 02 解き放たれたUSP
episode 03 リライトと推敲の狭間に
episode 04 愛と論理のオウンドメディア
episode 05 秩序なき引用、失われたオマージュ
episode 06 嵐を呼ぶインタビュー
episode 07 今、すべてを沈黙させる・・・!!
epilogue 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし

 

 

まとめ

いかがでしたか。

ブログの文章力を上げるために読んで欲しいオススメの本を紹介しました。

 

  • 新しい文章力の教室
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  • 武器としての書く技術
  • 何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術
  • 沈黙のウェブライティング

 

文章力を高めていくと、ブログだけではなくビジネスに活用することもできるので、ライティングを学ぶことは自身のスキルアップに大きく繋がっていくでしょう。

 

営業マンがライティングを学ぶ理由は下記の記事で詳しく紹介しています。

トップ営業マンが今すぐライティングを学ぶべき3つの理由

 

文章力を上げてブログのクオリティを高めたい人は、おすすめの本をぜひ読んでみてください。

おすすめ記事

\FOLLOW US/