クランチのやり方を分かりやすく解説|腹筋を鍛えるのは簡単だ!

お腹がぽっこり出てきた。自信がなくて人に見せられない。

こんな悩みをお持ちではありませんか。

今回は腹筋を鍛える方法、「クランチ」の効果的なやり方をご紹介します。

ぽっこりお腹を解消して憧れのシックスパックを目指しましょう。

 

この記事で紹介するトレーニングメニューはBOSTY(ボスティ )のYouTubeチャンネルから引用しております。
BOSTY公式サイト(ボディメイクジム)
BOSTYチャンネル(YouTube)

 

クランチ(腹筋)で鍛えられる筋肉

腹筋を鍛える

クランチは腹直筋を鍛えることができます。

特に腹直筋の上部、いわゆるシックスパックを構成する部分に効きます。

 

腹直筋

腹直筋は恥骨(陰部)から胸(みぞおちの少し上まで)に付いている縦に長い筋肉です。

仰向けに寝た状態から起き上がる時や、スポーツ動作のほぼ全般で使われます。

また触ると確認することができますが、お腹には骨がありません。

お腹は内蔵を筋肉で支え、保護する構造になっています。

腹直筋を鍛えることは見た目だけでなく、内臓を守るメリットもあります。

 

クランチ(腹筋)の効果

腹筋の効果

クランチはお腹を引き締めてシックスパックを目指すのに効果的なトレーニングです。

シックスパックを目指す場合は腹直筋を鍛えながらお腹の脂肪を落としていくことも重要です。

 

お腹が引き締まり自信がもてる

引き締まったお腹は必ずあなたの自信になります。

トレーニングを始めるきっかけも、かっこいい身体になりたいからお腹を割って自慢したい。という想いからでしょう。

残念なぽっこりお腹と引き締まった綺麗なお腹では与える印象が全く違います。

コツコツと小さな努力を重ねて引き締まったお腹、理想のシックスパックを手に入れましょう。

 

内臓を正しい位置で守る

お腹は筋肉が直接内臓を支える構造のため、その周りの筋肉を鍛えることは健康のためにもとても重要なことです。

衰えた筋肉では内臓を支えることはできません。

腸腰筋(ちょうようきん)などのインナーマッスルとクランチで鍛えることのできる腹直筋などアウターマッスルの両方をトレーニングすることで内臓を正しい位置で支え、保護できる身体を作りましょう。

 

クランチ(腹筋)のやり方

クランチはトランクカールと呼ばれることもあるトレーニングです。

腹直筋の上部が刺激されていることを確認しながら行いましょう。

 

【クランチの動画】

 

【クランチのやり方】

1.床に仰向けになる。

 

クランチやり方

 

2.膝を閉じ90度に持ち上げる。

 

クランチやり方

 

3.手を耳のあたりに添える。

 

クランチやり方

 

4.息を吐きながらお腹に力を入れて背中を丸める。

 

クランチやり方

 

5.肩甲骨をしっかり浮かす。

 

クランチやり方

 

6.お腹が縮んだらゆっくりと戻る。

息を吐いてゆっくり丸めて、息を吸いながらゆっくり戻します。

 

クランチやり方

 

クランチ(腹筋)を行う際の注意点

効果的に腹直筋を鍛えられるように2つの注意点を確認しましょう。

後頭部を手で抱え込まない

首を痛めてしまう原因となるので両手はそっと耳に添える程度で行います。

 

クランチ注意点

 

反動を使わず一定のスピードでゆっくりと行う

疲れてくると反動を使ってしまいがちです。

身体の反動は使わずに一定のスピードを保って行いましょう。

 

クランチ注意点

 

クランチ(腹筋)を行う回数

1セット10回から30回を目安にゆっくりと丁寧に行ってください。

正しいフォームで腹直筋を鍛えましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

クランチは腹筋運動の基本的なトレーニングです。

正しいフォームで行い、ぽっこりお腹を卒業してシックスパックを目指しましょう。

 

理想のカラダになるためには本当に効果を出せるパーソナルトレーニングを選ぶことがポイントになります。

動画で指導しているBOSTY(ボスティ )は女性も男性もダイエットではなくボディメイクをするためのジムです。

ただ痩せるだけではなく、身体を元から変えて理想のボディラインになるように、まずは無料カウンセリングから始めてみてはいかがでしょうか。

身体が変われば人生が変わります。

BOSTY公式サイト

\FOLLOW US/