アディダススタンスミスはスニーカーの王様|30代のメンズこそ定番を

世界で1番有名なスニーカーといっても過言ではないアディダスのスタンスミス。

トレンドに左右されることなく、スタンスミスはいつの時代も多くの人を魅了する定番のおすすめスニーカーです。

スタンスミスはカジュアルにもフォーマルにも合わせやすいので、30代男性が履いても子供っぽくならず、ワンランク上のファッションを楽しむことはできる1足です。

この記事ではアディダスのおすすめスニーカー、スタンスミスについて詳しく説明していきます。

 

\この記事はこんな人に読まれています/

  • スタンスミスの購入を検討している人
  • スタンスミスをオシャレに履きこなしたい人
  • ビジネススタイルにも合うスニーカーを探している人

 

誰もが知るアディダススタンスミス

1971年に発売されたアディダスのスタンスミスは「世界で最も売れたスニーカー」として、ギネス認定されたほど世界中から愛され続けているスニーカーです。

スニーカーを買おうと思った時に、誰もがスタンスミスを選択肢の1つに考えたことがあるのではないでしょうか。

それほど、“スニーカー=スタンスミス”のイメージは強いですよね。

 

スタンスミスはプロテニスプレイヤーの名前

 

スタンスミスは元々テニスシューズで、シューターンにプリントされている男性は実在のプロテニスプレイヤーが由来という話は有名ですね。

スタンスミスはシングル・ダブルス問わず輝かしい成績を収めたアメリカのプロテニスプレイヤー“スタンレー・ロジャー・スミス氏”を称え、1973年に正式にスタンスミス(STAN SMITH)と名付けられ、スタンレー氏の顔がプリントされるようになり、現在に至るまで多くのファンに親しまれています。

 

シューレースタイプとベルクロタイプ

スタンスミスには2つのタイプがあります。

 

  • シューレースタイプ
  • ベルクロタイプ

 

シューレースタイプ

Adidasスタンスミス_シューレース

シューレースタイプとは紐靴のことで、スタンスミスの多くがシューレースタイプです。

シューレースを好みのものに変えることで、雰囲気がガラッと変わりオリジナル感を出すことができます。

 

ベルクロタイプ

スタンスミス_ベルクロ

 

シューレースではなく、いわゆるマジックテープで止めるベルクロタイプは、「スタンスミスを履きたいけどトレンドに乗っていると思われるのは・・・」という人にオススメです。

シューレースタイプに比べて、着脱が簡単でサイズ感も調整しやすく、周りとの差別化を狙うにはピッタリです。

シューレースタイプとは一味違う雰囲気を演出してくれますよ。

 

\ポイントでお得に購入/

 

購入するべきおすすめのスタンスミスはこれだ

スタンスミスを購入しようとした時に、価格差に気付いたことがある人もいるのはないでしょうか。

実はアディダスのスタンスミスには2つの種類があります。

 

  1. アディダス公式のスタンスミス
  2. ABCマート限定のスタンスミス

 

ABCマートで販売されているスタンスミスは偽物ではなく、れっきとした本物ですが、アディダス公式のスタンスミスの廉価版という位置付けになっています。

 

アディダス公式のスタンスミス

30代の男性にはアディダス公式のスタンスミスを履いて頂きたい。

理由は一言でいうと「高級感があるから」。

価格はABCマート限定のスタンスミスが9,000円前後で販売されているのに対し、アディダス公式のスタンスミスは15,000円前後で販売されています。

15,000円で高級感のあるスニーカーが買えるなら、絶対にそちらを選びますよね。

 

素材が違う

Adidasスタンスミス

 

アディダス公式のスタンスミスは、シボ感のある天然素材のレザーのみ使用していて、上品さや高級感があります。

対して、ABCマート限定のスタンスミスは一般的な天然皮革と合成皮革を使用していて、質感もツルツルした感じです。

 

ソールが違う

Adidasスタンスミス

 

ソール部分も違いがあり、見分ける判断にもなります。

アディダス公式のスタンスミスは少しクリーム色のような自然な白色でヴィンテージっぽさを感じますが、ABCマート公式のスタンスミスは真っ白です。

 

シュータンが違う

Adidasスタンスミス_シューターン

 

スタンスミスのシュータンといえば、スタン・スミス氏の顔がプリントされていて、スニーカーの顔ともいえる部分です。

このシューターンにも違いがあります。

 

アディダス公式のスタンスミスのシュータンは1枚の皮で作られていているので薄く、レザーのシボ感もあります。

ABCマート限定のスタンスミスはシュータンの裏側にクッションのようなメッシュ生地があるので1枚皮ではなく厚みがあります。

 

レザーの質感がヤバイ

Adidasスタンスミス

 

シボ加工が施された天然皮革が高級感を出してカッコイイです。

長く履き続けることで足に馴染み、レザーの味わいが出てくる経年変化を楽しめます。

履きつぶすだけでは汚れが目立って清潔感がなくなってしまうので、しっかりとレザーの手入れをしてヴィンテージ感を出すと、カッコ良さが格段に上がります。

手入れをしっかりしていると愛着がわき、自分だけのオリジナルのスタンスミスに仕上がってくるので、その経過を楽しめるのも醍醐味です。

 

安定のフォルムがカッコ良すぎてヤバイ

Adidasスタンスミス

 

シンプルでスマートなフォルムがとにかくカッコイイ。

どんなファッションにも合う理由の1つが、このシンプルなフォルムです。

 

細身でスタイリッシュであり、つま先部分は丸みを帯びているのが特徴で、スニーカーだけど大人っぽさがあるので、カジュアルすぎず・かしこまりすぎずという絶妙なバランスでカッコ良さが際立っています。

 

カラーバリエーションが豊富でヤバイ

スタンスミスといえば、「ホワイト×グリーン」

どのようなファッションにも合わせやすく、多くの人に履かれている人気の定番カラーですね。

 

このホワイト×グリーン以外にも、カラーバリエーションが豊富なのでスタンスミスを何足も持っている人がいるのも納得です。

 

ホワイト×グレー

Adidasスタンスミスホワイト×グレー

 

ホワイト×レッド

Adidasスタンスミスホワイト×レッド

 

ホワイト×ブラック

Adidasスタンスミスホワイト×ブラック

 

ホワイト×ピンク

Adidasスタンスミスホワイト×ピンク

 

ホワイト×ネイビー

Adidasスタンスミスホワイト×ネイビー

 

オールホワイト

Adidasスタンスミスオールホワイト

 

メタリック

 

Adidasスタンスミスメタリック

 

コラボモデル

Adidasスタンスミス_ディズニーコラボ

 

 

\ポイントでお得に購入/

 

老若男女履けてヤバイ

スタンスミスはシンプルなデザインでカラーバリエーションが豊富なので、性別や世代を問わずコーディネートすることができます。

30代男性ならカジュアルなコーデもスタイリッシュなコーデも楽しめるので持っていて損はない1足です。

キッズサイズもあるので、スタンスミスで家族コーデするとオシャレ度が増しますね。

 

オフィスカジュアルにも合うからヤバイ

近年、ビジネススタイルにスニーカーを取り入れている人を目にすることが増えました。

理由としてはビジネススタイルが多様化したことと、2018年にスポーツ庁がスニーカー通勤を推奨したことではないでしょうか。

とはいっても、ビジネススタイルにスニーカーを合わせることに抵抗のある人もいて、革靴でコーディネートしている人が多いのも事実です。

スタンスミスは一般的なスニーカーのようなカジュアルさがなく、スマートなフォルムとシンプルなデザインなのでオフィスカジュアルにも合わせやすいです。

 

スタンスミス

出典:男前研究所

スタンスミス

出典:男前研究所

スタンスミス

出典:男前研究所

スタンスミス

出典:男前研究所

スタンスミス

出典:男前研究所

まとめ

いかがでしたか?

「スタンスミス=定番スニーカー」のイメージが変わったのではないでしょうか?

定番ではあるが、高級感がありスマートに履きこなすことができるスタンスミス。

 

購入する時のポイントはアディダス公式のスタンスミスということです。

定番のスニーカーということは、人と被ってしまうこともありますが、アディダス公式か廉価版かはオシャレな人や質の良い物にこだわっている人が見れば一目瞭然です。

30代男性なら、どんなファッションにも、どんなシーンにも合う定番スニーカーのスタンスミスを1足は持っていたいですね。

 

\ポイントでお得に購入/

おすすめ記事

\FOLLOW US/