インクラインダンベルフライのやり方を解説|立体感のあるかっこいい胸板を作る

胸の筋肉である大胸筋を効率よく鍛えることができるインクラインダンベルフライをご紹介します。

インクラインダンベルフライは大胸筋の上部内側に良く効くトレーニングです。

胸の真ん中に溝ができ、より立体感のある胸板を作ることができます。

理想の胸板を目指して是非取り組んでみてください。

 

この記事で紹介するトレーニングメニューはBOSTY(ボスティ )のYouTubeチャンネルから引用しております。
BOSTY公式サイト(ボディメイクジム)
BOSTYチャンネル(YouTube)

インクラインダンベルフライで鍛えられる筋肉

インクラインダンベルフライは胸の筋肉である大胸筋を鍛えることができます。

 

大胸筋

大胸筋は男らしく厚い胸板を作る筋肉です。

上部・中部・下部に分けることができ、鎖骨の下から腹筋の上まで胸を覆っている大きな筋肉です。

上半身で最も見栄えがする筋肉と言えるでしょう。

面積が大きく発達しやすい筋肉であるため、すぐにトレーニングの効果を実感することができます。

 

インクラインダンベルフライの効果

インクラインダンベルフライを行うことで大胸筋が鍛えられ立体感のある胸板を作ることができます。

 

形の綺麗な立体感のある胸になる

胸のトレーニングは様々ありますが上部・中部・下部それぞれの鍛えたい部位によってトレーニングを組み合わせることが重要です。

インクラインダンベルフライでは大胸筋のなかでも上部内側に良く効きます。

上部内側が発達すると大胸筋と鎖骨の境目がはっきりと出て、胸の真ん中に溝ができ、より立体感のある胸板を作ることができます。

インクラインダンベルフライで形の綺麗な立体感のある胸を目指しましょう。

 

上半身の印象が良くなる

大胸筋は顔のすぐ下、身体の真正面にあるため、とても目立つ筋肉です。

大胸筋が発達することで上半身がたくましくなり、見た時の印象が大きく変わります。

Tシャツ1枚でかっこよく過ごしたい方、今よりもスーツの似合う身体になりたい方は是非インクラインダンベルフライを取り入れて男らしく厚い胸板を手に入れましょう。

 

インクラインダンベルフライのやり方

インクラインダンベルフライのやり方を確認しましょう。

実際の腕の角度やダンベルの軌道などに注目して動画をご覧ください。

 

【インクラインダンベルフライの動画】

 

【インクラインダンベルフライのやり方】

ダンベルを持ち膝の上に乗せベンチに仰向けになる

 

インクラインダンベルフライ

 

肩甲骨を寄せダンベルを上げ拳を向かい合わせる

 

インクラインダンベルフライ

 

ゆっくりと肘を下げ胸を張る

 

インクラインダンベルフライ

 

手首を合わせるように内側に腕を戻す

 

インクラインダンベルフライ

 

インクラインダンベルフライの注意点

注意点を押さえて、しっかりと大胸筋、特に上部内側に効いているか確認しながら行いましょう。

 

素早く下ろさずにゆっくり行う

力を抜いて早く下ろしてしまわず、大胸筋を意識しながらゆっくり行うようにしましょう。

ゆっくり行うことで筋肉に良く効くだけでなく、ケガの予防にもなります。

 

インクラインダンベルフライ

 

体のうえでダンベル同士をくっつけない

ダンベル同士をくっつけるとバランスがとれて安定してしまうため、少し楽なトレーニングになってしまいます。

拳一個分の間をあけて止めることで、効果的なトレーニングが行えます。

 

インクラインダンベルフライ

 

インクラインダンベルフライを行う回数

回数の目安は10から15回を3セットです。

重量や回数は自分のレベルに合わせて最適なものを選んでください。

 

まとめ

いかがでしたか。

大胸筋の上部内側をしっかりと鍛えることができるインクラインダンベルフライをご紹介しました。

大胸筋のような大きな筋肉は筋肉の向きが場所によって異なるため、バランスよく筋肥大をさせるために様々なトレーニングを組み合わせる必要があります。

目的に合ったトレーニングを選択し、理想の体を目指しましょう。

 

理想のカラダになるためには本当に効果を出せるパーソナルトレーニングを選ぶことがポイントになります。

動画で指導しているBOSTY(ボスティ )は女性も男性もダイエットではなくボディメイクをするためのジムです。

ただ痩せるだけではなく、身体を元から変えて理想のボディラインになるように、まずは無料カウンセリングから始めてみてはいかがでしょうか。

身体が変われば人生が変わります。

BOSTY公式サイト

\FOLLOW US/