コミュニケーション能力が低い人に向く仕事10選!

コミュニケーション能力が低い人に向く仕事10選!

 

「1人で黙々と仕事がしたい…」

「コミュニケーションが苦手でも稼げる仕事をしたい…」

コミュニケーションが苦手な人は多いのではないでしょうか。マイナビニュースが500人に行なった調査によるとなんと7割の人が「コミュニケーション能力が低い」と考えているようです。

それにともない、コミュニケーション能力が低くても成立する仕事をお探しの人は多いのではないでしょうか?

今回は、コミュニケーション能力が低い人に向く仕事10選をテーマにお届けします。

 

 

コミュニケーション能力が低くても成立する仕事とは?

ビジネスの現場からコミュニケーションを無くすことは不可避です。ただ、コミュニケーションが苦手な人にもできる仕事はたくさんあります。この章では、コミュニケーション能力が低い人におすすめの仕事10選を紹介します。

工場作業員

工場作業員は基本的に顧客接待や電話応答がありません。ライン製造であれば、機械の操作だけで仕事ができてしまうため、人との会話は最小限で済みます。また、食品工場などはマスクを付けての作業になるので、自分の表情を気にすることがなく、気楽に仕事ができるのも魅力です。

プログラマー

プログラマーはコミュニケーション能力が低い人にとって最高の仕事と言っても過言ではありません。というのもプログラマーはリモートワークしやすい職種でありながら、年収が高い傾向にあります。近年はITのインフラ化によって、プログラマーの需要が高まっているのです。コミュニケーションが苦手だなと思う方は、とりあえずプログラマーを目指してみるのもいいかもしれません。

 

トラックの運転手

トラックの運転手は基本的に1人で仕事を行うので、他者と関わる時間が少ないです。

「宅配業はお客さんと話す機会も多いのでは?」と思われがちですが、挨拶や印鑑をもらうといった会話がほとんどなので意外と平気と感じる人が多いようです。さらに昼食は一人でとれるし、帰社時間もバラバラなので、同僚や上司との付き合いが面倒な人にもおすすめですね。

 

清掃の仕事

マンションの共有スペースやホテルの客室などの清掃はマニュアルさえ覚えてしまえば、1人で完結する仕事です。誰かに監視されることもないので、伸び伸びと仕事ができます。

 

職人系の仕事

津軽塗、南部鉄器、大館曲げわっぱ。日本には多くの伝統工芸品がありますよね。伝統工芸品製作は技術が全てでコミュニケーションが求められません。一人前になるまでは大変だと思いますが、それを乗り越えると希少価値の高い人材になることでしょう。

在宅ワーク

在宅ワークというと様々ありますが、基本的にパソコンのみで完結する業務が多いです。クラウドワークスやランサーズなどの仕事は、チャットやメールでのやりとりが多いため、電話で会話することはほとんどないです。家から一歩も出ずに作業した分だけ確実にお金を貰えます。電話でのコミュニケーションが皆無、即金性あり、在宅で働ける、3拍子揃った魅力的な仕事です。

YouTuber、ブロガー

YouTuber、ブロガーは主に資産型の仕事と言えます。これらの仕事は内容にもよりますが、パソコン、スマホ、機材があれば1人でもできる仕事です。広告収入で稼ぐモデルですが、稼げるようになるまでには膨大な時間が必要ですし、何が当たるか分からない世界でもあります。向き不向きがはっきり分かれる仕事です。

農業・牧場

農業や牧場は取引先とのやり取りはありますが、人というよりも自然や動物が相手の仕事です。コミュニケーションは必要としませんが、大変なことも多い仕事ですね。

セルフのガソリンスタンド

セルフでガソリンを入れるタイプのスタンドの店員もおすすめです。お客さんからの質問やトラブルが無い限りは他人と会話しなくてもできます。夜間ならお客さんも少なくて、より気楽です。

新聞配達

新聞配達はアルバイトとしても人気ですよね。登録されている家のポストに投函するだけなので他者とのコミュニケーションは皆無です。本業にするには、稼ぎが悪いので、副業にするのが良いと思います。気楽に仕事ができるのは魅力的ですよね。


                            私もスキルハックスでプログラミングを学んでいます。スクールに通わずともプログラミングのスキルは十分に身につけることができます。スキルハックスなら1本のビデオが10分程度と通勤時間でもスキマ時間をうまく活用して学習できるので非常に便利です。問い合わせもLineですぐに回答してくれるので挫折しない仕組みです。スキルを身につけたあとはフリーで仕事も受けることや副業としても役立ちます。新しいスキルを身につけて新しい人生をスタートしよう!

 

コミュニケーション能力が低い人が避けるべき仕事

逆に、コミュニケーションが苦手という人が避けるべき仕事もあります。営業、接客業、コールセンターなどの対人を伴う仕事です。これらは人と接することが多く、お客に高圧的な態度をとられやすい仕事なので、コミュニケーションが苦手な人は消耗するだけです。絶対にやってはいけません。

 

まとめ:コミュニケーション能力が低い人に向く仕事10選!

いかがでしたでしょうか?今回の内容として、コミュニケーション能力が低い人に向いている仕事を下記します。

・工場作業員

・プログラマー

・トラックの運転手

・清掃の仕事

・職人系の仕事

・在宅ワーク

・YouTuber、ブロガー

・農業・牧場

・セルフのガソリンスタンド

・新聞配達

 

コミュニケーション能力が低くてもできる仕事はたくさんあるので、安心してください。この中でも特におすすめなのはプログラマーですね。プログラマーはITの普及により需要が高まっています。また、プログラミングスキルを身につけるとフリーランスとしても働くことが可能です。今回の記事を読んで、プログラマーに魅力を感じた方はプログラミングスクールに通われてみてはいかがでしょうか。スクールに通うことで、基礎から応用まで幅広いスキルが習得できます。是非とも検討してみてください。

 

コミュニケーション能力が低い人に向く仕事10選!

 

「1人で黙々と仕事がしたい…」

「コミュニケーションが苦手でも稼げる仕事をしたい…」

コミュニケーションが苦手な人は多いのではないでしょうか。マイナビニュースが500人に行なった調査によるとなんと7割の人が「コミュニケーション能力が低い」と考えているようです。

それにともない、コミュニケーション能力が低くても成立する仕事をお探しの人は多いのではないでしょうか?

今回は、コミュニケーション能力が低い人に向く仕事10選をテーマにお届けします。

 

 

コミュニケーション能力が低くても成立する仕事とは?

ビジネスの現場からコミュニケーションを無くすことは不可避です。ただ、コミュニケーションが苦手な人にもできる仕事はたくさんあります。この章では、コミュニケーション能力が低い人におすすめの仕事10選を紹介します。

 

工場作業員

工場作業員は基本的に顧客接待や電話応答がありません。ライン製造であれば、機械の操作だけで仕事ができてしまうため、人との会話は最小限で済みます。また、食品工場などはマスクを付けての作業になるので、自分の表情を気にすることがなく、気楽に仕事ができるのも魅力です。

 

プログラマー

プログラマーはコミュニケーション能力が低い人にとって最高の仕事と言っても過言ではありません。というのもプログラマーはリモートワークしやすい職種でありながら、年収が高い傾向にあります。近年はITのインフラ化によって、プログラマーの需要が高まっているのです。コミュニケーションが苦手だなと思う方は、とりあえずプログラマーを目指してみるのもいいかもしれません。

 

トラックの運転手

トラックの運転手は基本的に1人で仕事を行うので、他者と関わる時間が少ないです。

「宅配業はお客さんと話す機会も多いのでは?」と思われがちですが、挨拶や印鑑をもらうといった会話がほとんどなので意外と平気と感じる人が多いようです。さらに昼食は一人でとれるし、帰社時間もバラバラなので、同僚や上司との付き合いが面倒な人にもおすすめですね。

 

清掃の仕事

マンションの共有スペースやホテルの客室などの清掃はマニュアルさえ覚えてしまえば、1人で完結する仕事です。誰かに監視されることもないので、伸び伸びと仕事ができます。

 

職人系の仕事

津軽塗、南部鉄器、大館曲げわっぱ。日本には多くの伝統工芸品がありますよね。伝統工芸品製作は技術が全てでコミュニケーションが求められません。一人前になるまでは大変だと思いますが、それを乗り越えると希少価値の高い人材になることでしょう。

 

 

在宅ワーク

在宅ワークというと様々ありますが、基本的にパソコンのみで完結する業務が多いです。クラウドワークスやランサーズなどの仕事は、チャットやメールでのやりとりが多いため、電話で会話することはほとんどないです。家から一歩も出ずに作業した分だけ確実にお金を貰えます。電話でのコミュニケーションが皆無、即金性あり、在宅で働ける、3拍子揃った魅力的な仕事です。

 

YouTuber、ブロガー

YouTuber、ブロガーは主に資産型の仕事と言えます。これらの仕事は内容にもよりますが、パソコン、スマホ、機材があれば1人でもできる仕事です。広告収入で稼ぐモデルですが、稼げるようになるまでには膨大な時間が必要ですし、何が当たるか分からない世界でもあります。向き不向きがはっきり分かれる仕事です。

 

農業・牧場

農業や牧場は取引先とのやり取りはありますが、人というよりも自然や動物が相手の仕事です。コミュニケーションは必要としませんが、大変なことも多い仕事ですね。

 

セルフのガソリンスタンド

セルフでガソリンを入れるタイプのスタンドの店員もおすすめです。お客さんからの質問やトラブルが無い限りは他人と会話しなくてもできます。夜間ならお客さんも少なくて、より気楽です。

 

新聞配達

新聞配達はアルバイトとしても人気ですよね。登録されている家のポストに投函するだけなので他者とのコミュニケーションは皆無です。本業にするには、稼ぎが悪いので、副業にするのが良いと思います。気楽に仕事ができるのは魅力的ですよね。

IT業界への転職4選 ☚この記事を読んだ方はこんな記事も読まれています

 

コミュニケーション能力が低い人が避けるべき仕事

逆に、コミュニケーションが苦手という人が避けるべき仕事もあります。営業、接客業、コールセンターなどの対人を伴う仕事です。これらは人と接することが多く、お客に高圧的な態度をとられやすい仕事なので、コミュニケーションが苦手な人は消耗するだけです。絶対にやってはいけません。

 

まとめ:コミュニケーション能力が低い人に向く仕事10選!

いかがでしたでしょうか?今回の内容として、コミュニケーション能力が低い人に向いている仕事を下記します。

・プログラマー
・トラックの運転手
・清掃の仕事
・職人系の仕事
・在宅ワーク
・YouTuber、ブロガー
・農業・牧場
・セルフのガソリンスタンド
・新聞配達
・工場作業員

 

コミュニケーション能力が低くてもできる仕事はたくさんあるので、安心してください。この中でも特におすすめなのはプログラマーですね。プログラマーはITの普及により需要が高まっています。また、プログラミングスキルを身につけるとフリーランスとしても働くことが可能です。今回の記事を読んで、プログラマーに魅力を感じた方はプログラミングスクールに通われてみてはいかがでしょうか。スクールに通うことで、基礎から応用まで幅広いスキルが習得できます。是非とも検討してみてください。

動画編集のスキルを身につければフリーランスで活躍できます。動画編集の需要は非常にたくさんあることを知ってましたか?ブログやYouTubeなど動画を入れて
作成するのが当たり前ですよね。スキルを学ぶときに考えるべきは収入UPになること、独立できること、自分のペースで働くことができることです。動画編集なら短期間で習得することができるのでおすすめです。

 

 

おすすめ記事

\FOLLOW US/