優秀な営業は残業をしない

優秀な営業は残業をしない

優秀な営業マンは、残業や休日出勤をせずとも十分な成績を出せることをご存知でしょうか。

近年ワークライフバランスを重視する声が増え、残業や休日出勤を歓迎しない企業も増えてきています。

残業せず定時で帰る営業マンは、どのように仕事と向き合っているのでしょうか。

残業をしないことで、有名なビジネスマンは伊藤忠商事の名経営者である現:岡藤代表取締役会長です。年間で決算前の数時間しか残業をせず、あれだだけの実績をだせるのは素晴らしいと言わざるえません。

しかし岡藤社長は朝の7時から仕事をしていることでも有名です。海外出張から戻ってきた日曜日に会社へ直行し交通費精算を済ませ、不在中のすべてのメモに目を通すことで知られています。

私の経験から朝が弱いビジネスマンで真に有能な人は少ないです。特に経営幹部で朝が弱いのは5時から男のタイプでしょう。

残業をしないで結果を出すビジネスマンは、朝の時間を活用していること、仕事の優先順位が整理されており、高い優先度の業務に集中できることです。

今回は、優秀な営業マンの仕事ぶりを解説します。

営業はお客様ファーストであるべき理由とは

■朝の段取りを重視している

優秀な営業マンは、朝の段取りを重視しています。

目の前の仕事に追われるように行き当たりばったりな仕事をするのは効率が悪く、そのカバーをするために残業しても却って疲労が溜まり、集中できなくなります。

朝しっかり今日1日の段取りを立て、順を追って1つずつ仕事に向き合うことでやるべきことが可視化され、時間を意識して働けるのです。

■ルーティンワークにかける時間を短くしている

自分なりにプレゼン資料や提案書をフォーマット化しておくことで、ルーティンワークにかける時間を短縮しています。

単純に仕事の効率が上がるだけでなく、その分浮いた時間をクライアントへの提案や新規顧客の開拓に費やせるため、営業成績も向上しやすくなります。

今やビジネスパーソンでエクセルやパワーポイント が使いこなせない人は価値はゼロです。エクセルでグラフによる可視化は当然ですが統計分析まで出来て時間が短縮されるのです。

 

■1つの仕事にかける時間を決めている

「1つの報告書は30分でつくる」

「クライアント1社には長くても2時間程度しか居座らない」

など、仕事ひとつひとつにかける時間を決めている営業マンも多くいます。

あらかじめ制限時間を決めているためダラダラすることがなく、逆にその時間内に終えられるよう効率重視で動けるようになるのです。

やむを得ず残業する場合も、終わる時間を逆算して取り組むことが多く、無駄が発生しにくいのがメリットです。

■適度に周りを頼っている

営業事務にクライアントへのアポ取りを任せたり、過去の資料を参考に数値分析の手間を削減したり、適度に周りを頼っているのも特徴です。

一見プライドに反する仕事術に見えますが、嫌な思いをさせず上手く人を巻き込めるのはひとつの才能であり、社内での立ち位置も確率しやすくなるでしょう。


                                                                                               
30代40代で日経新聞や本を読んでいるぐらいでは基本的な情報すら危ういです。世界で通用した人物と言えば大前研一氏ではないだろうか?事実、マッキンゼー日本支社長の歴代の名前を言えますか? それぐらい大前氏のネームバリューは世界で知られています。ビジネスの最先端情報は絶対に大前氏から入手すべきなのです。私もビジネスブレークスルーで英語やファイナンスなど多くの講座を学習し非常に役立ちました。ワンランク上のビジネスマンを目指そう!

 

■仕事へのモチベーションを上げている

優秀な営業マンは、自分で自分で鼓舞し、仕事へのモチベーションを上げるのが上手です。

同じ仕事でもモチベーションが高いひとの方がクライアントに伝わる熱意が大きくなり、成約につながりやすくなるでしょう。

自分が何にやりがいを感じるか、どんなことがあるとストレスが溜まるのかを把握し、モチベーションコントロールに役立てるのがおすすめです。


↑仕事の効率やレベルアップを学ぶには『起業を学ぶ』ことで解決できます。経営者のように仕事ができればビジネスマンとしては合格です。いまよりも一歩高いレベルで仕事ができるビジネスマンを目指そう!

 

■自分を追い込んでいる

成果が出ているから残業しなくて済んでいるひとがいる一方、「残業しないために成果を出しているひと」がいるのも事実です。

ワークライフバランスを重視していたり、退勤後のプライベート時間を楽しみたかったりするひとは、何よりも残業することを嫌います。

定時で帰るためには高い成果を出し続け、周りから非難されないようにする必要がありますから、自分を追い込むために日中はがむしゃらで仕事に当たるのも1つの手段です

 

■まとめ:優秀な営業マンは、残業しないよう工夫している!

「残業や休日出勤するひとに価値がある」とされていた時代は、少しずつ終わりを迎えてきています。

近年は短い時間で高い成果を出せるひとが評価される傾向にあり、同様に優秀な営業マンも残業せず定時で帰宅するひとが多いものです。

もっと言えば、早く帰宅して家で仕事をするビジネスマンは米国には多く存在しており優秀な人が多いのも特徴です。仕事をする場所に拘らず成果に拘る働き方です。

周りを上手く頼り、タイムマネジメントやモチベーションコントロール法に目を向けることで、業務効率を大きく改善できる可能性があります。

優秀なひととそうでないひとの違いに目を向け、自分なりのやり方を探っていきましょう。

 

 

 

おすすめ記事

\FOLLOW US/