出世・栄転・昇進は何が違う?出世にまつわる単語4選

出世・栄転・昇進は何が違う?出世にまつわる単語4選

出世・栄転・昇進・昇給など、出世にまつわる単語は数多く存在します。
特に人の出世をお祝いするようなシーンではどんな言葉をセレクトすべきか迷い、いざという時しどろもどろになってしまう人は多いのではないでしょうか。

今回は、出世にまつわる単語をいくつかピックアップし、内容や意味を解説します。

ビジネスマンとして目指すべきは出世だと私は考えています。給料をもらう以上は通勤時間を含めて24時間のうち10時間は会社に拘束されているわけです。であれば出世を目指して地位や給料を高めるほうが人生にはプラスではないだろうか?

仮に出世を目指さない生き方を選択するならばフリーランスとして稼げるスキルを身に付けるべきだと思います。

知っておけば、自分のキャリアについてもただぼんやり「出世する」と考えるのではなく、より具体的なイメージを持てるようになるかもしれません。

出世する人のオーラとは?共通する5つの項目!

↑この記事を読んだ方はこんな記事も読まれています

出世とは

出世とは、「世間に出て、人に知られるよい地位・身分になること」です。

社会的に高い身分を得ることであり、「社会的によい地位につき、世間に有名になること」を意味する「立身出世」から生まれた言葉であるとされています。

役職や給料が少しくらい上がるだけでは出世とは言わず、あくまでも人から一目置かれるような存在になってはじめて出世が叶ったといえるのでしょう。

どこから「出世」と捉えるかは人によって異なりますので、自分なりの出世像を持っておくことが肝心なのかもしれませんね。


                            私もスキルハックスでプログラミングを学んでいます。スクールに通わずともプログラミングのスキルは十分に身につけることができます。スキルハックスなら1本のビデオが10分程度と通勤時間でもスキマ時間をうまく活用して学習できるので非常に便利です。問い合わせもLineですぐに回答してくれるので挫折しない仕組みです。スキルを身につけたあとはフリーで仕事も受けることや副業としても役立ちます。新しいスキルを身につけて新しい人生をスタートしよう!

栄転とは

栄転とは、「今までよりもよい地位に移りかわること」です。

少しでも地位が上がった場合は栄転とみなされますが、実際のビジネスシーンでは人事異動を伴う地位向上のことを指すことが大半です。

例えば
「過去の努力が認められたから経営層の傍で働けるのでしょう、栄転ですね」
「〇〇さんの海外赴任は、一台プロジェクトが認められての栄転らしい」
というように使われることが多く、「転じる」の意味合いが異動に込められていると分かります。

昇進とは

昇進とは、「官位・地位があがって行くこと」です。

「役が上になること。また、上の官にのぼせること」を示す「昇任」とほぼ同じ意味で使われることが多く、栄転同様、少しでも地位が上がった場合は昇進・昇任とみなされます。

しかし、民間企業で一般的に使用されるのは「昇進」の方だといえるでしょう。
「昇任」は公官庁や自衛隊など公的な仕事で使われることが多く、役を拝命する側の立場に馴染みが深い単語です。

昇給とは

昇給とは、「給料が上がること」です。

役職の変更に関わらず、給料や年収が上がれば昇給だとみなされます。

例えばアルバイトの時給が50円上がったり、インセンティブ給や賞与の影響で1ヶ月だけ大きく給料が上がったりした場合も、「昇給」に当てはまるのです。

また、役職が下がったにも関わらず給料が一時的に上がった場合は、昇進・昇任には当てはまらないが昇給はしている、と言えるでしょう。

あくまでも金額基準の考えであると知っておけば、違いが一目瞭然になりそうです。

まとめ:出世関連の単語は正確に知っておこう!

出世関連の単語は、なるべく意味や使用シーンを正確に知っておく必要があります。
特に目上の人に昇進のお祝いをするに当たり、失礼のないようにするのが一番です。

「部長に昇給されましたこと、おめでとうございます」
と伝えては、昇進よりも年収アップを祝っているようで少々嫌らしい印象を与えてしまいます。

同様に、
「(平社員から)主任に出世するなんて、かっこいいですね!」
と伝えてしまうと、出世という単語が持つ印象と実際の役職像にズレが出て、慇懃無礼な言葉になってしまいます。

正しい日本語を知り、正しく使っていくことは一種のビジネスマナーです。
少しずつ勉強しながら、活用の幅を広げていきましょう。



たった3時間で学べるコミュニケーション能力です。コミュニケーションの能力が向上するとプレゼン力やスピーチ力まで上手くなります。ビジネスや転職の面接でも通用するコミュニケーションはしっかりと身につけたい能力だと思います。

おすすめ記事

\FOLLOW US/