出世が遅れるデメリットは?早めの出世の方が得なのかを検証します!

出世が遅れるデメリットは?早めの出世の方が得なのかを検証します!

出世するタイミングは、人それぞれです。
20代のうちから華々しい活躍を見せて大役に抜擢される人もいれば、大器晩成型で40代50代になってから頑張りが認められる人もいるでしょう。

私の経験から30代で大きく伸びるビジネスマンはその後も出世していく人が多いです。20代で華々しく脚光を浴びるビジネスマンも確かにいますがプレイヤーとマネジメントの端境期でスランプに陥ったり30代で中休みが入ってしまい鳴かず飛ばずになる人もいます。

いずれにしても、出世を早めることで金銭面で有利になりストックオプションを配布する企業に勤めていると何千万円も手にすることがあります。働き方自体にもマネジメントを学べることや仕事をする方々がワンランク上の人たちなので自己成長にも繋がります。

今回は、出世が遅れることはデメリットなのかどうか、検証していきます。

「30代にはこんなビジネスマンになっていたい!」などキャリアプランを考える際の参考にもなりますから、是非目を通してみてくださいね。

出世する人のオーラとは?共通する5つの項目!

↑この記事を読んだ方はこんな記事も読まれています

生涯年収が低くなる

大器晩成型だと、生涯年収が低くなる可能性があります。

20代・30代から年収1,000万を稼いでいるもののその後昇給しない人と、50代になって初めて年収1,000万円を稼ぐ人では、生涯年収に大きな差が出るでしょう。

早いうちからどんどん稼いでいくことが正しいとは言い切れませんが、金額の面だけで判断するのであれば、出世は早い方がいいと言えそうです。

人脈を築きにくい

出世が遅れることで、人脈を築きにくくなります。

役職が立派だと、その分さまざまな人と交流するチャンスに恵まれます。
自社の経営層から新卒に至るまで幅広く会話をし、取引先の重役や高級ブランドショップの店員との会話も増えるでしょう。

そのため人脈を築きやすく、自身の社会経験をさらに豊かなものにしやすくなるのです。

反対に大器晩成型の人はごく限られた範囲の人に認めてもらわないと出世しにくくなるリスクがありますから、早い出世が得であることが分かります。

経験を積みにくい

年齢が上がるにつれて、新たな経験ができるチャンスは減っていくものです。

若いうちであれば転職や起業など豊富な選択肢を用意しやすく、さまざまな経験ができるでしょう。
もちろん年を取ってからのチャレンジも可能ではありますが、人との横つながりが重要なビジネスの場において、年齢が与える影響は思っている以上に大きいものです。

キャリアチェンジをしないなら尚更経験年数が物を言う世界になる可能性もありますから、早い出世が理想だと言えますね。


↑仕事の効率やレベルアップを学ぶには『起業を学ぶ』ことで解決できます。経営者のように仕事ができればビジネスマンとしては合格です。いまよりも一歩高いレベルで仕事ができるビジネスマンを目指そう!

自由な働き方を叶えやすい

管理職や経営層になれば、自由な働き方を叶えやすくなります。

裁量労働制を導入している企業であれば、管理職は少し早めの退勤や遅めの出勤も認められています。
また、プライベートの予定に合わせて有給や休みを取ったり、中抜けして個人的な用事を済ませたりする臨機応変さも身につけやすくなります。
会社の就業規則もある程度の権力がないと変えられませんから、その意味でも早いうちから出世するのは大きなメリットになるのです。

しかし、これらは仕事をサボるための言い訳には使えません。
あくまでも労働時間より成果を重視する管理職ならではの働き方ですので、「出世すれば楽ができる」と安易に捉えないのが肝心です。


                                                                                               
30代40代で日経新聞や本を読んでいるぐらいでは基本的な情報すら危ういです。世界で通用した人物と言えば大前研一氏ではないだろうか?事実、マッキンゼー日本支社長の歴代の名前を言えますか? それぐらい大前氏のネームバリューは世界で知られています。ビジネスの最先端情報は絶対に大前氏から入手すべきなのです。私もビジネスブレークスルーで英語やファイナンスなど多くの講座を学習し非常に役立ちました。ワンランク上のビジネスマンを目指そう!

ライフプランに影響する

なかなか出世しないことで、ライフプランに影響が出る可能性があります。

例えば欲しいタイミングでマイホームのローン審査が通らなかったり、計画する子どもの数や家を構えるエリアが左右されたりするかもしれません。
場合によっては、恋人とのお付き合いや結婚そのものに影響が出る場合もありますから、選択肢を狭めることになりかねないのです。

もちろん、出世すれば必ず理想通りの人生が待っているとは限りません。
しかし自分の選択肢を広く取りたいのであれば、早い段階から出世しておくのがよいでしょう。

まとめ:出世は早いに越したことはない!

出世に関する理想やキャリアプランは人それぞれ異なります。

しかし、「どうせ出世するなら早い方がいい」と言えるでしょう。
若いうちから経験を積み、人脈を築き、十分な年収を得ることで、人生の選択肢が拓けるかもしれないのです。

出世欲があるなら、今できることをリストアップし、先送りしすぎず取り組んでいくのがポイントだと言えそうですね。


                            組織のリーダーやリーダーを目指す人にとってコーチングは必須のスキルになっているのを理解していますか? 私の経験から、会社は人材育成ができる管理職やリーダーを重要視して評価します。多くの優秀な人材が育成できれば企業は伸びるが結論です。コーチングとは最強のマネジメントと認識

おすすめ記事

\FOLLOW US/