出世できない人の特徴5選!どうすれば出世できるようになる?

出世できない人の特徴5選!どうすれば出世できるようになる?

「将来は絶対に出世して待遇を上げたい!」
「同期がとんとん拍子に出世しているので、自分と比べて焦ってしまう…」
頑張りが認められて出世するのは誰にとっても嬉しいものです。

一方、出世できないことにコンプレックスを抱え、モチベーションが下がってしまうことも少なくありません。

今回は、出世できない人の特徴をテーマにお届けしていきます。自分に当てはまっているポイントがないかチェックし、反面教師として活用していきましょう。

■時間や期限にルーズ

時間や期限にルーズだと、社内からも取引先からも信頼を失ってしまいます。
また、期限ギリギリに焦って取りかかることで「やっつけ仕事」になってしまうリスクが高くなり、質の高い仕事ができなくなります。
予期せぬトラブルで予定が狂ってしまうことは少なくありません。期限から逆算してタイムスケジュールを組み立てたり、待ち合わせや進行には余裕を持って行動したり、ゆとりある仕事を意識しましょう。

■チームプレーやコミュニケーションが苦手

チームプレーやコミュニケーションが苦手だと、とっつきにくい印象を与えてしまいます。
一匹狼というと聞こえはいいですが、組織の一員として働く以上、周りとの助け合いや協力の姿勢は欠かせません。
「情けは人の為ならず」という言葉がある通り、いざというとき力になってもらうためにも、自分から積極的にコミュニケーションを取りまししょう。人への配慮や思いやりを大切にした仕事を心掛けることが大切です。

IT企業への転職を諦めていませんか?未経験でも面接で熱い想いをもってアピールすれば採用してくれる企業だってあります。IT企業そしてエンジニアはこれからの重要な企業に成長していきます。まずは相談できる転職会社を選ぼう!

■モチベーションに波がある

モチベーションに波があり、ヤル気のある時とない時の差が大きいと、責任ある仕事を任せづらくなってしまいます。
人である以上、体調・睡眠不足・プライベートでの出来事を原因に、モチベーションに波が出てしまうことは仕方がありません。しかし、仕事に影響が出るほど深刻だったり、自分でモチベーションコントロールできず周りに当たり散らしたりしてしまったりすると、「扱いにくい人」という認識が広まってしまいます。
悩みや困り事があるのであれば、率直に上司に相談してみるのも1つの手です。「自分を頼ってくれた」ことそのものに喜ぶ上司も多いため、有効な解決策が見つからなくても、積極的に話しかけてみましょう。

■言い訳や責任逃れが多い

ミスや失敗があったとき、言い訳・責任逃れをする人はなかなか信頼を得られません。
すぐに解決できるような小さなミスだったとしても、言い訳をしてしまうことで「無責任な人だ」「仕事へのスタンスがなっていない」と思われてしまいます。
理不尽な出来事への怒りや反論したい気持ちをグッと抑え、年齢・役職・立場に関わらず常に素直かつ謙虚でいられるよう努力しましょう。第一声で印象が大きく変わるということは、多々あるものです。

■否定的な意見が多く、後ろ向き

新しい提案やチャレンジに否定的であり、何事にも後ろ向きな人は、「ネガティブな人」と評価されてしまいます。
反論することや指摘すること自体が悪いわけではありません。企画案を「よりよくするための指摘」なのか、「ダメ出しをしているだけ」なのかが、大きな分岐点です。
あくまでも提案を前向きに受け取り、改善するためのポイントを挙げていきましょう。全て全否定してしまうと、企画主との関係性も悪くなってしまいます。

■まとめ:出世できない人ならではの特徴に要注意!

いかがでしたか?今回は、出世できない人の特徴を紹介しました。
大きな仕事を任せてもらえるようになるためには、仕事で成果を上げることはもちろん、同僚に好かれ、信頼される働きっぷりを体現していく必要があります。
自分に当てはまっているところがあれば早急に直し、期待に応えられるよう努力していきましょう!

3ヶ月でスキルが身につけれらるなら時間をお金で買うべきです。色々な資格やスキルがありますが稼げる資格が最強であることを忘れてはいけません。プログラミングのスキルはこれからは必須です。これをきっかけにIT業界で稼ぐこともフリーで大きく稼ぐこともできます。

おすすめ記事

\FOLLOW US/